ここから本文です

イエスキリストはなぜ十字架に架けられたのですか❓

syu********さん

2017/12/1007:25:54

イエスキリストはなぜ十字架に架けられたのですか❓

閲覧数:
668
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/12/1014:19:40

以下をお読みください。

「イエス・キリストによる救いの知らせ(福音)」
http://inochinomizu.hatenablog.com/entry/2017/07/01/113257

(私の使用しているIDは、これだけです。)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/12/11 10:43:03

とてもわかりやすかったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rur********さん

2017/12/1015:02:15

福音書が伝えるところでは、当時のユダヤ社会の支配者階級から「神を冒涜する人物」として敵視され、彼らの謀略によってローマ総督に引き渡されたということですね。
信仰的には、人類を救うために神がわが子を供物とした(贖罪論)、神による特別な御業ということ。
私が支持するのは、イエスさんの信仰グループが当時の過激派(ゼロテ派、熱心党)とつながりがあったことから、イエスはローマ総督側から過激派の首領と看做されて摘発されたのではないかという説です。
十字架にかけられたということは、ローマに反抗する政治犯として処刑されたということで、福音書に書かれている話は史実とはだいぶ異なっているのではないかと思っています。
イエスさん自身が過激派だったとは思いませんが、過激派の連中から支持され、彼らの精神的支柱になっていた可能性はあるのではないでしょうか。

dmq********さん

2017/12/1014:56:12

イエスは道徳教育、人道主義の人でした。
イエスは、殺伐とした社会風潮を、道徳的な社会に
変えていきたいと願っていたのです。
力ずくの無理矢理の強引政策を批判し、
人の心を優しくしようと努力します。何事も
「力ずく」が横行し何かと言うと喧嘩で
殺しあうような気風を、改めようとしたのです。
「 施政者は強いんだから、従わなければ殺すぞ」
という態度は
「じゃあ、オレより弱いヤツは殺してもいいんだな」
という庶民を生みます。弱い人間を殺して
金品を奪うようになります。
そういう社会を改めるためには
「道徳教育」しかないのです。
大原則として、庶民のためにもなる、正しい考えです。
並々ならぬ信念を持って教えをしていたんです。

イエスが戦った相手は庶民を搾取の対象としか見ない
「腐った官僚制度」に アグラをかいたヤツら。
ユダヤの既得権益に対抗するレジスタンスで
己の信念に生きた勇者。そもそも、当時のユダヤでは、
そうした「正しいと思ったことを貫き通した」 人々が
後を絶たず相次いで処刑されていた。
イエスは彼らと激しく対立。彼らは上部だけ敬虔なユダヤ教徒に
見せかけ ユダヤ教との大切な教え 隣人愛や博愛主義を
ないがしろしてる偽善者だと見破ったから
あれほど激しく攻撃した。
彼らの偽善的でローマ帝国への売国的態度を
愚かな者、盲目な者、蛇、蝮の子、と
糾弾した。
イエスは神殿で商人襲撃事件を起こしました。
行政から許可を取って合法的に出店してたのですが
イエスからしてみれば
悪代官と利益をむさぼる商人に見えたのでしょう。
イエスは、
「民を虫ケラと考えていて「黙って服従して貢納してくればいいんだ」
からの解放を目指してました。
しかし、うまく行かなくて周りからのプレッシャーもあり
だんだん精神を病んでしまいました。精神疾患による
心神喪失状態での犯行です。
ユダヤの既得権者からすれば謀反人で粛清せねばならぬ人物です。
(平安時代に京都の貴族に生まれてたら、
自分の荘園を横領した平将門は「悪党」になるのと同じ。)
冒涜罪・反逆罪で死刑になりました。

Ave Mariaさん

2017/12/1014:31:02

1975年8月14日(1/2)
エクソシズムでの アカボル(座天使の階級から落ちた堕天使)の回答

http://www.maroon.dti.ne.jp/gokyo/exorcism/part1-01.html#c06

キリストを模倣すること
A: ... とりわけ、現代の世界では、カトリック教徒でさえも、他者のために苦しむことが必要だという真理を完全に見失っている。お前達が皆キリストの神秘的な体の部分であるという事実、そして、お前達は皆互いのために苦しまなければならないという事実は、完全に忘れられている。〔犬のように惨めに泣く〕 キリストは十字架の上で全てを達成したわけではない。彼は確かに天国への門を開いた。しかし、人間は互いのために補い合わなければならない。セクトはキリストは全てを為したと言うが、それは真実ではない。キリストの受難は続くのだ。彼の名によって、それは世の終わりが来るまで続くのだ [9] 。〔うなり声〕
苦しみの意味
E: 続けよ! 福いなる童貞の聖名によりて、彼がお前に言うようにと命じることを言い続けよ!
A: それ(キリストの受難)は続かなければならない。人々は互いのために苦しまなければならない。そして、それらの苦しみをキリストの十字架の名によって、またキリストの苦しみの名によって、天主に捧げなければならない。お前達は福いなる童貞と一致して苦しまなければならない。そして、彼女が自分自身の苦しみをキリストの苦しみと合わせることを目的として──十字架上における、またオリーブの園での苦悶におけるキリストの恐ろしい苦しみと自分の苦しみを合わせることを目的として──彼女がその生涯にわたって耐え忍んだ自己放棄に、お前達も一致して苦しまなければならない。
これらの苦しみは人間達が考える以上に過酷なものだった。ゲッセマニの園でキリストは、お前達がおそらくそれについて考えているだろうような形とは別の形で苦しんだ。彼は、あたかも自分が罪人の中でも最も罪深い者になったかの如く、そしてあたかも自分がどうしても地獄に行かなければならない運命に今落ちようとしているかの如く、天主の正義によって押し潰されたのだ。彼はお前達人間のためにこの苦しみを舐めねばならなかった。さもなければ、お前達は救われなかっただろう。彼はそのように恐ろしい苦しみを耐え忍ばなければならなかった。自分が実際に地獄に堕ちるのだとほとんど信じるような地点にまで行ったのだ [10] 。
彼の苦しみは、彼自身、自分は天の御父によって完全に捨てられたのだと感じるほどに大きなものだった。彼は、彼自身が永遠の聖父から完全に切り離されたのを感じ、遺棄された自分を感じて、血の汗を流したのだ。〔悲しげに泣く〕 彼は、自分が最も罪深い者であるかのように感じて押し潰された。
これが彼がお前達のためにしたことだ。それ故、お前達は彼に従わなければならない。これらの苦しみはそれほどの価値があるものなのだ。全てが失われ、自殺だけが唯一の脱出口と思われる時のこれらの苦しみ、暗闇、遺棄されたと感じる恐怖... 私はそれを言いたくない。嫌だ。〔重くため息をつく〕
E: 座天使の聖名によりて、真実を述べ続けよ!
A: 天主の摂理は最も偉大、まさしく偉大である。これらの苦しみによって全てが失われたと思われる時、人は完全に天主から見捨てられたと感じ、また最少の人々からも、最も低い生き物達からも見捨てられたと感じる。しかし、これらの恐ろしい、全く恐ろしい苦しみは、およそあり得るものの中で最も貴重なものなのだ。しかし、若者達はそれを知らない。若者のほとんどの者は、それを知らない。そして、そこに我々の勝利があるのだ。

for********さん

2017/12/1011:35:19

父なる神がそう望んだからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aru********さん

2017/12/1009:33:55

それは、イエスキリストの言動があまりに革新的で過激なので当時のユダヤ教保守派特にファリサイ派の人達のバンカーを招きこのままでは自分達の地位が脅かされると危機感を抱いただから十字街においこんて殺された。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる