ここから本文です

姉夫(義兄)が失業する事に……。

アバター

ID非公開さん

2017/12/1213:25:24

姉夫(義兄)が失業する事に……。

義兄(46歳)は作業員の仕事です。持病の腰痛と仕事中の怪我で、現在休職中です。
フルタイムの立ち仕事はきついため、配属を変えて欲しいと頼んでもダメでした。また、通院の為、早退したらメンバーにイヤミを言われたりするそうです。
今後の事を考えて、傷病手当金が貰えなくなる1年半年後に退職をと思い、会社へ申し出ました。
すると、2日後に電話があり「直ぐに退職して欲しい」と言われたそうです。
会社側は弁護士へ相談したところ「退職する人の傷病手当金支払いは詐欺罪?」になるらしいです。ただ、退職後も社会保険料を支払うのなら保険はそのままでいいとの事。

質問は
1.退職後も、1年半傷病手当金はもらえますか?
2.退職理由は「解雇」の方が、失業保険受給に有利では?
3.傷病手当金と失業保険は重複して受け取れますか?

どうか、お知恵を……。
よろしくおねがいします。

閲覧数:
8,472
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ima********さん

2017/12/1715:43:20

まず、他の方が言うように1年の加入が大前提です。
1年以上勤めていたのなら、何の問題もなく受給できます
1年未満であれば、在籍中でなければ受給できませんね。
次に退職理由ですが、やめる気はないと言って休職扱いにしてもらうか、それが認められないなら会社都合で解雇してもらえばいいですね。会社都合でしたら失業保険はすぐもらえます。
3の傷病手当金と失業保険は重複してもらえません、それぞれ受給する理由が正反対です。
失業保険=仕事が見つかればすぐにでも働ける
傷病手当=医師の診断で就業不能と診断されたため
なので、働けなくて辞めるのに失業保険は出ません

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2017/12/1309:04:07

1.退職後の傷病手当金の受給は
退職前に受給要件を満たしているか受給していた
退職前に1年以上けんぽに加入している
医師が労務不能と診断している
などの要件があります。

けんぽにより入院しか規定がないものもありますし業務による怪我なら労災となり傷病手当金は支給されないのでは?

2.病気や怪我による退職か解雇の扱いかにより違います。

3.失業給付はすぐに働けるかです。
傷病手当金の受給中と医師が労務不能と診断した期間は支給されないです。
失業給付は退職日の翌日から1年が期限ですから支給開始日の延長手続きが必要な場合もあります。

労災であれば労基に相談してみる方がよいと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hir********さん

2017/12/1223:52:11

>弁護士へ相談したところ「退職する人の傷病手当金支払いは詐欺罪?」になるらしいです。

全くなりません。安心して受給してください。

>退職後も社会保険料を支払うのなら保険はそのままでいいとの事。

退職すれば社会保険資格喪失になるので、支払うことが無理です。


>1.退職後も、1年半傷病手当金はもらえますか?

退職日までに1年間、継続して健康保険(=社会保険)に加入していれば、可能です。
1年未満の場合は不可能です。

>2.退職理由は「解雇」の方が、失業保険受給に有利では?

当然です。なので退職して欲しいという「お願い」であるなら、受ける必要はありません。拒否すれば良いです。

>3.傷病手当金と失業保険は重複して受け取れますか?

どちかかしか受け取れません。通常、傷病手当金の方が補償額も期間も手厚いので、受給権利があるなら傷病手当金を申請してください。

mwz********さん

2017/12/1216:55:08

1.退職後も、1年半傷病手当金はもらえますか?

現在の健康保険に加入期間1年以上あれば退職後も受け取れます

2.退職理由は「解雇」の方が、失業保険受給に有利では?
会社都合なら当然すぐに受け取れ給付日数も長くなります

3.傷病手当金と失業保険は重複して受け取れますか?

両方は受け取れません
両方受け取れば不正受給となりもらった額の3倍返しとなります

プロフィール画像

カテゴリマスター

tra********さん

2017/12/1214:31:29

回答する前に確認です。

>持病の腰痛と仕事中の怪我で、現在休職中です。
もう既に「傷病手当金」は受給していますか?
受給していなくても申請していますか?

1、退職後の傷病手当金受給は可能です。
但し・・・最初に質問した様に、既に申請していたり、受給していたりしている場合のみです。

在職中に、申請だけでもしないと、退職後の受給はできません。


2、確かに「解雇」であれば、特定受給資格者になるので、失業給付は手厚くなります。
但し、「解雇」であれば、退職届(自分で辞めるわけではないので)提出しない方がいいでしょう!
そして・・・解雇を言われた日から、解雇された日が、1ケ月切っているなら「解雇予告手当」を請求した方がいいでしょう!

解雇予告手当と言うのは・・・解雇します!と従業員に通達するのに、1ケ月前には通達しないといけない事になっています。1ケ月前ではないなら、その分手当を支給しないといけません。

労働基準法第20条(解雇の予告)

●使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない。三十日前に予告をしない使用者は、三十日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合又は労働者の責に帰すべき事由に基いて解雇する場合においては、この限りでない。

●前項の予告の日数は、一日について平均賃金を支払つた場合においては、その日数を短縮することができる。


3、傷病手当金と失業給付金は、重複して受給できません。
「傷病手当金」と言うのは、働けないので受給する手当です。
「失業給付金」とは、失業した人が、次の仕事を探しながら受給できる手当です。

意味が全く違うのですから、重複して受給できるわけがありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる