ここから本文です

卑弥呼の霊と会話したことがある人はいますか。邪馬台国はどこだったのでしょうか。

pea********さん

2017/12/1219:25:36

卑弥呼の霊と会話したことがある人はいますか。邪馬台国はどこだったのでしょうか。

閲覧数:
209
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuw********さん

2017/12/1520:05:27

邪馬台国の場所が書いている中国の文献があります。


▼隋書《卷八十一列傳第四十六》

原文
「 都於邪靡堆,則《魏志》所謂邪馬臺者也。」

現代語訳
「倭国の都は「ヤマト」にあるが、そこは魏志に書かれている「邪馬台国」のことです。」

日本書紀には、奈良盆地以外の地域から都を指すときには「倭京」と記述されていますから倭の都のことを「倭(やまと)」と伝えられたのでしょう。

「倭(やまと)」=邪馬台国になり奈良盆地にあったことになります。

このことは考古学的にも立証されています。


①倭人伝で倭国最大の国である「邪馬台国」の記述と一致している遺跡の規模

「邪馬台国」の最有力候補である奈良県桜井市の「纏向遺跡」は3世紀最大の都市遺跡で、その規模は他の地域にある遺跡より2倍以上と突出している。


②纏向遺跡に存在する「箸墓」の築造時期と卑弥呼の死去時期が一致している。


▼国立歴史民俗博物館研究報告 第163 集 2011 年3 月

「古墳出現期の炭素14年代測定」春成秀爾 172~173頁

「古墳開始期にかかわる桜井市纏向遺跡群出土試料などの炭素14 年代測定を系統的に実施した。

測定結果は日本産樹木年輪の炭素14 年代測定に基づいて較正し,土器型式および出土状況からみた遺構との関係による先後関係から,箸墓古墳の周壕の「築造直後」の年代を,西暦240~260 年と判断した。」


③「箸墓」の規模が倭人伝の記述と一致している。

倭人伝では「卑弥呼以死 大作冢 徑百餘歩」と

卑弥呼の墓は円形で直径150mであることが書かれている。


「箸墓」の円形部は直径で150余りで、江戸時代中期の記録では「円形の丘」とされている。

当時は、現在と違い樹木が生えていなかったので外観の高さは10mはど低く「箸墓」築造後に近い姿であった。

▼天明五年(1785年)「日本書紀」の注釈書「書紀集解」河村秀根

「嘗至于大和国、経柳本村、過箸中村。道右有円形之丘。相伝曰箸墓。無長樹、荊楚成林耳」


箸墓のことを「円形之丘」と記録している。


▼寛政三年(1791年)「大和名所図会」

五段に築成されている円墳状の墳丘として描かれている。(下図)



3世紀に150m規模の墳墓は「箸墓」以外には存在しない(最大で80m程度)。


したがって「邪馬台国」は卑弥呼の霊に聞くまでもなく「畿内」に存在したことは疑いようはない。


今や、「畿内説」は考古学者や歴史学者の大半が支持している。

▼ 都出比呂志氏 大阪大学名誉教授

『古代国家はいつ成立したか』(岩波新書,2011年8月)

「大和は三世紀前半から政治の中心地であることは確かで・・・・
卑弥呼の館は、大和の地で見つかった大型建物の跡、纒向遺跡であることはいうまでもありません。」

▼大塚初重氏 明治大学名誉教授、元考古学会会長

『邪馬台国をとらえなおす』(講談社現代新書,2012年4月)

「よほどの色眼鏡をかけなければ、邪馬台国は北部九州にあったとはいえない」

「王権存立の客観的な歴史的条件を考えれば、畿内地方こそや邪馬台国存在の想定地域であり」

▼ 岸本直文 大阪市立大学教授

『倭における国家形成と古墳時代開始のプロセス』
国立歴史民俗博物館研究報告 第185 集 2014 年2 月

「魏志倭人伝に見られる3 世紀前半の倭国と,前方後円墳や三角縁神獣鏡の波及から考えられてきた倭王権とが直結し,連続的・発展的に考えることができるようになる。もはやヤマト国が畿内であることは自明である」


もはや「九州説」はオカルト信者のような考古学ファンにしか支持されないトンデモ説といえるでしょう。

邪馬台国の場所が書いている中国の文献があります。


▼隋書《卷八十一列傳第四十六》

 原文
 「...

質問した人からのコメント

2017/12/15 20:26:40

ベストアンサーに悩みました。みなさま、回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hoo********さん

2017/12/1306:50:31

九州だってさ
墓は奈良のやつが卑弥呼ちゃんの墓らしい
私が見つけたときそこに封印されてました

あの寿命の短い時代に60まで邪馬台国で巫女をして、それから関西方面に旅に出たそうだ
そこでなくなったんだと
70超えまで生きたらしい

他にも聞いたけど書くのめんどー

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

vkt********さん

2017/12/1302:17:24

少なくとも私はないですが、霊能力者と自称する人の中に、もしかしたらいるのかもしれませんね。

よろしければ、以下のリンク先の回答を削除していただけませんか?

https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14183165489

理由は過去にも同じような質問を何度か見かけたことなどが挙げられますが、もちろん嫌であればそれでも構いません。

よろしくお願いします。ごめんなさい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

smo********さん

2017/12/1222:16:55

歴史ミステリー 邪馬台国は四国にあった?1
https://www.youtube.com/watch?v=JnCreJ326mI

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

han********さん

2017/12/1219:54:20

もう、五年も前になるかな・・・・・・・。
池袋西口の平和通り、
『ハネムーン』のソープ嬢である卑弥呼嬢の話では、
邪馬台国は、吉原にあると言われたよ(笑)。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる