ここから本文です

足の構造。指の付け根が曲がる向きはどちら? 手の指の関節は全部、手のひら側...

アバター

ID非公開さん

2017/12/2112:00:03

足の構造。指の付け根が曲がる向きはどちら?

手の指の関節は全部、手のひら側に曲がるようになっていますよね。
足の指の関節はどうなんでしょうか?

指先は手と同じく、足の裏側に曲がりますが、指の付け根の関節もでしょうか?

つま先立ちをしたら足の甲側に曲がってますけど、手も反らせればそれなりに反りますが、足は手の関節以上によく反れるというだけなんでしょうか?
足の裏側にも曲がりますが、足の甲側へのほうがよく曲がる気がして、
もしや付け根の関節の向きは指とは逆方向へ曲がるようになっていて、裏側にも曲がるのこそ反らせているだけなのでしょうか?

それとも手首みたいにどちらへでも曲がる構造なんでしょうか?

わかりにくい文章ですみません。
気になったのですが、どのように調べれば良いのかキーワードも解らずろくに調べれませんでした。

今ものすごく気になってしょうがないです。
詳しい方よろしくお願いします!!

補足ご回答いただいたのに理解力がなくて申し訳ないです。
私は何か根本的に勘違いをしているのでしょうか

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
67
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

com********さん

2017/12/2220:41:00

足の指(足趾)は、上へはかなり自由に曲げられますよね(背屈)。で、下にも曲げられますね、少しですが(底屈)。さらに、負荷をかけると上へは90度位まで曲がります。これは、二足歩行に対応しているからです。歩く、走るに適切な角度まで曲がるようになっています。
「関節もでしょうか?」
関節は、曲がるのを支え補助する組織で、間接自体が曲がるのではなく、「曲がる箇所」だと考えて下さい。関節組織の腱や靭帯が伸びたり縮んだりして、運動を支えています。ですから足趾だけでなく、間接は必要性の多い方向によく曲げることが出来ます。それで、「掴む」為の手指は手の平の方向に自由に曲げられます(底屈)。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/12/2221:47:13

    ありがとうございます!
    関節が曲がる箇所として、どちらに曲がる(曲げれる)構造なのか気になって質問させていただきました。
    走るためということは、手と違って、付け根の部分だけは他の指とは逆で上に曲がるのが本来の曲がり方ということで良いのでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwa********さん

リクエストマッチ

2017/12/2219:20:27

手も足も両側に曲げる筋肉はあります。ただどこまで曲げられるかは関節の構造(形状)によります。足の指の場合は比較的曲がる側に余裕があるので、力をかければ曲がりますが、これは筋肉でそらせているわけではありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる