ここから本文です

日本でハイパーインフレの可能性は 日本で将来、財政危機によりハイパーインフ...

アバター

ID非公開さん

2017/12/1414:45:20

日本でハイパーインフレの可能性は

日本で将来、財政危機によりハイパーインフレ、消費税の増税の可能性はあると思いますか?

消費税増税前に公務員の給料の一律削減、政治家の削減、政治家の報酬ダウンを実施してもらいたいものです。消費税増税すればハイパーインフレのシナリオは無くなると思います。現在の日本円は世界一信任されています。世界一低金利だし、世界一インフレレートが低いです。したがって、購買力平価説、金利平価説により、長期平均では名目上の円高が進み続けるのが長期平均での理論的な期待値です。デフレと円高のスパイラルが続くと思っています。このような信任されている円がいきなり円安、望ましくない程のインフレレートなどに将来なることなど有り得るのでしょうか?もちろん将来のことなど誰にも解りませんが、皆様の予測を聞かせていただきたくよろしくお願いします。なお、ハイパーインフレを早くから信じ過ぎた人(リーマンショック前から)は外貨で大きな含み損のはずだし、世間一般の人はハイパーインフレを信じながらも銀行預金しかしていないレベルの人がほとんどだと思われます。IMFが日本に入ると言う事を言う、ある意味トンデモがいますが、日本はIMFの最大のスポンサーの一つであり、矛盾しています。日本国は膨大な国家資産を持っているし、膨大な対外債権を持っています(米国債は売れませんが)。ハイパーインフレはある意味都市伝説で、信じる人は日本の国家資産と対外債権を無視していませんか?
インフレレートが望ましくない程上昇したら、日銀が金利を上げ、抑え付けてくれると思います。インフレになるためには名目給料の上昇が必要です。日本で給料が上がると思いますか?ますます企業が海外へ逃げるだけと思います。日銀はお金をいっぱい刷っていますが、企業の国内資金需要と家計の消費が弱いため、お金の回転率が悪く、インフレになっていません。

閲覧数:
643
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ali********さん

2017/12/1504:15:09

スーパーインフレになる可能性は財政危機ではなく、何らかの理由で日本の生産能力が消失し、物流が止まったりする場合です。

日本中が同時に大災害に見舞われる、などの事件があった場合、ということになります。

財政危機が具体的に何を示すのか、にもよりますが、財政関連の話や金融政策絡みでスーパーインフレにはなりようがないのが日本経済の構造ですから。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/12/1509:31:56

    回答どうもありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/12/16 06:14:09

回答どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuw********さん

2017/12/1509:26:04

「ハイパーインフレ」という言葉は覚えやすく、印象に残りやすい分、多くの人が使っているようです。
また、日本の債務が1000兆超えて、一人当たり830万の借金があるなどと強調する学者や評論家も多用しています。

維新の藤巻議員などは20年も前からハイパーインフレになる、国債が暴落するなどと主張していますが一度もなっていません。
前の回答者の皆様は、現日本では、ハイパーインフレなど起きない事情を詳しく述べておられ、その通りだと思います。
ですから、現状ではハイパーインフレや国債大暴落は、国民を驚かせ、迷わせる
ホラー話に過ぎないと言えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ft1********さん

2017/12/1504:09:07

例えば1937年~1945年の間に、日本政府は約7600億円の戦費を使ったとされています。この金額は37年時点のGDPの33倍、一般会計の国家予算の280倍に相当します。

しかし同期間の企業物価指数上昇率は

1937年 21.4%
1938年 5.5%
1939年 10.5%
1940年 11.9%
1941年 7.1%
1942年 8.8%
1943年 7.0%
1944年 13.3%
1945年 51.1%

と、1944年まではハイパーインフレとは程遠い水準にとどまっています。これが終戦後になると、

1946年 364.5%
1947年 195.9%
1948年 165.6%
1949年 63.3%
1950年 18.2%
1951年 38.8%
1952年 2.0%

のように、明らかに悪性のインフレに陥っているのが分かります。

無差別空襲による生産手段の破壊が始まったのが1944年末で、ほぼ同時にインフレ率が異常な上昇を始めたわけです。

このことから、赤字財政はいかに巨額でも単独ではハイパーインフレにはつながらず、生産手段の破壊と巨額の財政赤字が同時に発生することが、ハイパーインフレ発生の条件のように思われます。

現在の政府債務はGDPの2.4倍、一般会計の13倍程度なので、債務の額もハイパーインフレを起こすのにはケタが一つ足りないようです。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52599
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/history/j12.h...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kei********さん

2017/12/1415:47:38

@KEUMAYAさんのツイート(https://twitter.com/KEUMAYA/status/938042187610071040?s=09)をチェック連載第六話更新しました。 今回語るのは増税について! 国民に痛みを強いたい人は、ある病気にかかっているのです。 キミのお金はどこに消えるのか 第六話|井上純一|note(ノート) https://t.co/fC7cIlrnpj https://t.co/KFhItsURnE

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ten********さん

2017/12/1415:12:10

今の日本は需要不足・供給過多の状態です。少なくとも歴史上供給過多の国でハイパーインフレが起きた例はありません。世間の大半の人はハイパーインフレが起きるなどと思っていません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる