ここから本文です

柿岡に地磁気観測所がなかったら発展していましたか

kat********さん

2017/12/2011:46:38

柿岡に地磁気観測所がなかったら発展していましたか

閲覧数:
92
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

loc********さん

2017/12/2115:35:04

鉄道カテでないと思います。

ニワトリとタマゴみたいな質問ですね。
発展しないと見込まれたから観測所を作ったとも考えられます。
・1897年:麹町区(現・千代田区)代官町に開設された中央気象台
(現・気象庁)構内に移転し本格的観測を開始。

・1913年:茨城県柿岡町に移転。

直流電気鉄道が近傍にあると磁気(ビオ・サバールの法則)により
地磁気観測に悪影響が発生する。
そのため、東京で鉄道の直流電化が大きく進展しはじめたことが
1913年に茨城県柿岡町(後に合併し石岡市に)へ移転した理由の
一つでもある、と言うのが理由ですから・・・・。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる