ここから本文です

執行猶予後の同じ罪、累犯?再犯?

アバター

ID非公開さん

2017/12/2017:10:26

執行猶予後の同じ罪、累犯?再犯?

以前懲役1年半執行猶予3年の罪になったことがあり
刑を言い渡されてから4年が経ちます。

罪状は児童福祉法違反と売春防止法違反です。

今回また同じ容疑で逮捕されそうです。

この場合累犯?再犯なのでしょうか?
累犯や再犯だと執行猶予は付きにくいと聞きましたが
どうなのでしょうか?


前回の事件は知っていてやってしまい、今回はまったく知らない状態でした。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
248
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

奥村 徹の画像

専門家

yc_t_okumuraさん

リクエストマッチ

2017/12/2113:49:38

弁護士奥村徹(大阪弁護士会)です。
執行猶予経過後の事件ではあれば、刑法上の再犯ではありません。再度の執行猶予の話ではありません。
刑法25条1項の要件で執行猶予の可能性があります。


刑法 第二五条(刑の全部の執行猶予)
1 次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その刑の全部の執行を猶予することができる。
一 前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者


もっとも、執行猶予経過後とはいえ、同種事件になるので、起訴されると重い処罰になる恐れがあります。
早めに刑事事件を扱う弁護士と相談して、知らなかったとか関与の程度は浅いという点をしっかり主張して、起訴猶予とか罰金とか軽い処分を目指して下さい。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/12/2120:26:33

    重い処罰になる可能性があるとの事で
    何も知らない内勤の立場だとしても実刑になる可能性はありますか?

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

奥村 徹の画像

奥村 徹

弁護士

性犯罪・福祉犯の刑事弁護人です

児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・強要・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人18年目

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/12/2314:21:03

弁当食い切って1年で累犯はヤバいんじゃないかな
知らなかったという言い分がどこまで通用するか、
あと相手の娘の供述と照り合わせてみて、言い分が違ったりしたら難しいかな
相手の娘が「嘘をついて20歳だと言いました」と言う供述があって初めてちょっと執行猶予の匂いがしてくると思った方が良いかもです。
反省してないと言われてしまったら言い返せないですよね?
そういうヤバそうな年齢は相手にしない方が良いですよ、そうなるから

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/12/2020:39:49

細かい法理論は知りませんが運用上は万引きの繰り返しで5年7年という結構重い刑になっている例もあります。

horo_hororonさん

リクエストマッチ

2017/12/2019:16:53

執行猶予の期間が経過しますと、刑に処せられなかったことになります(刑法27条)。
ただし、量刑を決める際の資料で考慮されることはあります。

ですから、宣告刑が3年以下の懲役であれば、再度執行猶予をつけられることもあり得ます。(刑法25条1項1号の要件を満たすので)

プロフィール画像

カテゴリマスター

shinkaisoku225keiさん

リクエストマッチ

2017/12/2017:44:44

下の方の回答は誤りですね。

刑法第五十六条(再犯)
懲役に処せられた者がその執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から五年以内に更に罪を犯した場合において、その者を有期懲役に処するときは、再犯とする。
2 懲役に当たる罪と同質の罪により死刑に処せられた者がその執行の免除を得た日又は減刑により懲役に減軽されてその執行を終わった日若しくはその執行の免除を得た日から五年以内に更に罪を犯した場合において、その者を有期懲役に処するときも、前項と同様とする。
3 併合罪について処断された者が、その併合罪のうちに懲役に処すべき罪があったのに、その罪が最も重い罪でなかったため懲役に処せられなかったものであるときは、再犯に関する規定の適用については、懲役に処せられたものとみなす。

このように、執行猶予が付こうが付くまいが、前刑の判決は懲役に処せられているのですから、今回、同じ被疑事実で捕まると再犯に当たります。

さらに、

同法第五十七条(再犯加重)
再犯の刑は、その罪について定めた懲役の長期の二倍以下とする。

というように法定刑が倍近くに跳ね上がることになります。すでに前科1犯が記録されている以上、検察や裁判官の心証は悪いですから、服役は覚悟すべきです。

daitendaitenさん

2017/12/2017:16:48

刑法上の累犯、再犯にはあたりません。
したがって、法律上は執行猶予をつけることができます。
しかし、それは「執行猶予がつく」という意味ではありません。
執行猶予明け早々に同じ罪を犯したという事情からすると、現実には相当厳しいでしょう。
刑務所に行くものだと思っておいてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。