ここから本文です

本日、31日に発生した有感地震についてお尋ねします。

kaj********さん

2017/12/3120:31:22

本日、31日に発生した有感地震についてお尋ねします。

まず気になるのは愛媛県南予M3.4と豊後水道M3.9なのですが、この付近で発生する地震は警固断層に影響を与えると伺っています。
今回のM3クラス2回でも何かしらの影響は考えられますか?
それからトカラ列島近海M4.8ですが、ここの震源はいつも深さ10キロ程度なのに、今回のは170キロと少々深いです。この深さの違いは何でしょうか。

この質問は、yos********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
68
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

リクエストマッチ

2017/12/3122:15:52

2つの地震記録を比較すると震源が北東側から南西側に移動しています。
おそらくフィリピン海プレートの滑り込みに伴う連動地震ですが、深度がともに暫定値の約50kmですから、同一深度の横滑りである可能性もありますね。

31日06時57分頃 M3.4 震度1 震源の深さは約50km
(北緯33.5度、東経132.4度) 愛媛県南予

31日07時11分頃 M3.9 震度2 震源の深さは約50km
(北緯33.3度、東経132.2度) 豊後水道

豊後水道 M3.9 が本震側で標準有感半径は100kmほどですが、福岡県行橋市でも震度1を記録していますので北九州市の方角にも力が加わっていると思います。
英彦山山系を超えるまでのエネルギーではありませんから、複犯し近辺へ大きな影響を与えるものではありません。


トカラ列島近海の地震は島で観測される地震のみが記録に現われやすいために震源深度が浅いと思われがちですが、位置的にはフィリピン海プレートの滑り込み深部領域にある島々です。

日南海岸から種子島東岸を経由して南下する付近にフィリピン海プレートの滑り込み開始域があり、西側へと潜り込みます。
日南海岸や種子島が目立ち過ぎまでので忘れ去られがちなのですけど、薩摩半島南部の開聞岳付近からトカラ列島方面にも海底山脈があるような地形です。

このラインはフィリピン海プレートのスロープ面から跳ね上がってくる力で造山してトカラ列島を形成していますから浅い地震が目立つわけですけど、その下にはフィリピン海プレートのスロープが継続している二重構造のために深い側でも地震を起こすのです。
ただし深い側の深度は確実に100kmを超えますので、マグニチュード5程度の地震エネルギーを出さないと有感地震となり難いわけです。

31日12時49分頃 M4.8 震度2 震源の深さは約170km
(北緯29.6度、東経129.5度) トカラ列島近海

【 愛媛県南予・豊後水道、トカラ列島近海 】

2つの地震記録を比較すると震源が北東側から南西側に移動しています。...

  • 質問者

    kaj********さん

    2017/12/3122:50:21

    ありがとうございます。
    今回の豊後水道の地震については、すぐさま近辺に大きな影響を与えるものではなさそうですね。

    トカラ列島近海の地震については、地図で表していただいたことで二重構造だということがわかりやすくなりました。

    それにしても、今年の大晦日は西日本の有感地震が多いですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる