ここから本文です

バックカントリースキーをしていて遭難した場合に救助を求めて。

アバター

ID非公開さん

2018/1/106:46:04

バックカントリースキーをしていて遭難した場合に救助を求めて。

警察等が救助した場合、救助の費用は遭難者に請求されませんか?
税金がただ使われただけ?

閲覧数:
124
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2018/1/118:54:18

ほとんどの場合、県税が使われただけとなります。
県警ヘリ、消防ヘリなどは。

都道府県によって違うということも一応説明しておきます。
埼玉県は、1月1日から特定の場所で5分5千円の徴収を開始します。

朝日新聞
ヘリ救助有料化 「5分5千円」 埼玉県が運用指針
https://www.asahi.com/articles/ASKBV4DFKKBVUBQU00P.html

他県からの遭難者が多すぎる都道府県へ波及するのかどうか注目されると思います。

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/1 19:01:17

今までは基本税金だったんですね。

遭難した人を非難してるわけではないですよ。

取り決めがどうなってんのか気になっただけ。

登山者の遭難の場合と、スキー、スノボをコース外で滑って勝手に遭難した場合とかでも違うんだろうけど。先に法律等で決めとかないとダメなんじゃないのかなと。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2018/1/111:29:57

警察や自衛隊なら請求はされません。
税金が使われただけになります。


「バックカントリースキー」
は、よくわかりませんが、場所が特定できなければ人海戦術になりますから、公務員だけではなく、近くのスキー場の人や、山岳会等が捜索を手伝ったりする可能性が出てきます。
その人たちには「謝礼」が必要になります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

fuj********さん

編集あり2018/1/107:58:48

タカちんの理解では
警察等というのが公的機関を指し、公的機関が救助してくれたらその費用は遭難者に請求されません。
払いたくても受け取ってくれません。
働いて納税することがお礼かと考えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる