ここから本文です

経済って数学的なものでイデオロギーの介在する余地は無いように思うのですが、実...

アバター

ID非公開さん

2018/1/121:30:14

経済って数学的なものでイデオロギーの介在する余地は無いように思うのですが、実際には左右の軋轢が存在しますよね。どうしてなんですかね?

閲覧数:
23
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

l_l********さん

2018/1/121:37:38

経済学者同士では「左右の軋轢」のようなものは存在しないと思います。
経済学者による政策論議の中心は「数学」ではなく「統計学」ですから、「どういった統計手法を用いるか」で学派対立が起こることはあっても、「どういったイデオロギーか」で学派対立が起こることはありません。

もしも「左右の軋轢」が存在するように見えるとしたら、それは経済学者ではなく「経済学を勉強したことがない経済評論家」か「政治家」による政策論議なのでしょう。

要するに
・「経済学」は統計学や数学なのでイデオロギーは問題にならない
・「経済」は数学でも統計学でもないので、経済学とは無関係な経済評論家や政治家による政策論議はイデオロギーが問題になる

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/6 12:31:48

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qrk********さん

2018/1/121:32:19

お金が絡めば、誰とだって揉めて当然ですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる