ここから本文です

最近、テレビやネットで労働環境が日本と比べ物にならないと言われている西欧北欧...

アバター

ID非公開さん

2018/1/204:01:48

最近、テレビやネットで労働環境が日本と比べ物にならないと言われている西欧北欧の国のほぼ移民の人口比率が日本よりかなり多いのですが、

それらの国の労働環境の良さと移民労働者の多さとは何か関係があるのでしょか?

また、移民が多い国は自国民の女性の就業率が高いみたいですけど、なにか関係はありますか?

労働環境がいいのは、移民をたくさん働かせることで仕事量をへらせているだけなのでしょうか?
そうだとすると、女性の就業率を上げ、労働環境を西欧北欧並みに引き上げたら、日本ももっと多くの移民労働者が必要になるのでしょうか?

閲覧数:
41
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bir********さん

2018/1/222:17:08

日本は賃金が安いから、それでだらだらと無駄に長時間働いて残業代を稼ごうと言うのが環境を悪くしてる要因です。

意識の問題もあります。日本人は会社人間だから、いつまでも会社にいるのが気にならないから、長時間労働になります。

それで先進国で生産性が悪いとなります。日本の生産性の悪さは、中国よりも悪いのです。中国人が見ても日本の働き方は非常に効率が悪いと映ります。

だから移民とは関係ないです。ただ欧米には優秀な移民が集まるから、移民を入れても効率化が下がらないとも言えるかも知れません。残念ながら日本には優秀な外国人は来ないので、仮に日本も移民を受け入れても仕事の効率化は上がらないでしょうね。

女性の社会進出と移民の多さには密接な関係があります。社会進出が進むほど、移民が増える傾向にあります。なぜなら、少子化問題が起こるからです。欧米はどこも少子化だから、移民を入れてそれを防いでます。しかも、女性が家事を行う時間がないから、家事労働者の移民が入って来てます。国によっては家事労働の移民が50%ほど占める国もあります。こうしてどんどん外国人が増えて行きます。

日本も女性のキャリア化が進むほど、移民が増えると言うことになります。すでに日本も女性の進出により、外国人の数が増え続けてます。このまま行けば、日本でもいずれ移民、難民の受入れが始まります。少子化も進むので、移民政策が始まるのは確実です。と言うか、移民に相当する外国人は激増してます。日本にどんどん中国人街、ベトナム人街などが出現してるのを見ても明らかです。

これは先進国として避けられないことです。何でもかんでも欧米を見倣うと、日本もいずれ取り返しのつかない社会になるということです。政府が言う、女性の社会進出がバラ色と言うのは、国民を欺く行為に他なりません。移民受け入れの口実されるだけです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/303:05:15

    確かに、既婚女性の多くが正規で就業にするようになっても、保育や建設業や工場労働者は需要を賄えなるほど増えないでしょうね。寧ろ、収入が増えて購買力が上がれば、家やいろいろな製品の需要や外食が増えるせいで更に労働力が足りなくなるかもしれませんね。


返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tji********さん

2018/1/313:10:06

「移民」の定義がまちまちです。在留期間が1年以上なら「留学」や「技能研修」を入れたり日本に永住する「移住」だったり。使う人によって意味が全然違います。
日本は「移住」や「単純労働」を目的とする入国を認めません。

kit********さん

2018/1/204:51:50

北欧の場合、労働環境の良さや女性の就業率と移民の増加は全く無関係ですね。

寧ろ、移民の増加が、労働環境の悪化などへの危険を増やしていると言えます。

この理由は、北欧諸国の労働環境や女性の就業率は、移民が殆どいない頃から大変高かったのですが、これは、その社会に住む者全員に極力同様の待遇や権利を認めると言う北欧諸国の高福祉社会の礎ともなっている考え方に基づいていました。

そして、移民の人が入ってきても、北欧では北欧人と同じ条件の労働待遇を行う事を強く主張し維持して来た訳です。そうしなければ、北欧の理念は、北欧人だけの為の理念となり、広い世界性を持った理念とはならないからです。

こうして北欧に移民して来た人達、特に開発途上国からの移民の人達は、自国では思いもしなかった様な厚遇を受ける事になっていた訳ですが、この様な情報が世界に流れますと、我も我もと言う形で移民の増加が進む訳です。そして、現在、北欧では、高福祉社会の理念が脅かされるようになるぐらい、移民の問題は深刻になって来ています。

政治の世界でも、移民反対を掲げたポピュリスト政治家が大躍進しているのは、スウェーデンでも、デンマークでも、ノルウェーでもフィンランドでも同じで、こうした傾向に不満を持つ人達が増加し、意見が過激化して来ていることを示しています。それでも北欧の名誉のために付け加えますと、こういう状況下においてもなおかつ、移民の人にも同等の権利を与えるべきであると考える人達が、どの北欧諸国においても過半数を占める事です。

他の西欧諸国の最近の事情はよく知りませんので、質問者さんが言われる様な状況があるのかどうか知りません。私の回答は、飽くまで北欧に限ります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる