ここから本文です

積立NISAが始まりましたね。 積立NISAもイデコ(個人型DC)も,メリットばかり強調...

coo********さん

2018/1/316:30:48

積立NISAが始まりましたね。
積立NISAもイデコ(個人型DC)も,メリットばかり強調されていますが,一番重要なのは出口戦略だと思っています。

NISAで積み立てた後の20年後にどうなるのか,イデコで積み立てた後の受け取り方をどうするのかといった議論がネット上で見当たらないのは問題ではないかと思います。
積立NISAって,20年の非課税期間中に利益を出して売却してしまえればいいですが,仮に20年経過後に損をしていたら,その時点の時価で課税口座に移管されますよね。そうすると,非課税どころか,20年で損した分にまで課税されることになりませんか? こんな制度矛盾ってあるんでしょうか?
積立投信って,長期だからって必ず儲かるわけではなく,いつ売却するかのタイミングが全てなので,積立NISAやイデコのように出口の時期が限定されてしまうものにはなじまないと思うのですが,皆さんはどう思いますか? 国が制度のいい点ばかり強調して国民に丁寧に説明していないのは,どうなのかと思います。

閲覧数:
12,261
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/1/610:20:08

NISAと確定拠出年金を同じ土俵で議論するのはナンセンスだと思います。

まず、確定拠出年金の大きなメリットは、掛金が全額所得控除になることです。
元金の増減を気にするのなら、元金保証の商品に掛ければ良いだけです。
今は、一部手数料が無料になっている金融機関もあるので、その金融機関に開設して、元金保証の商品に掛ければ、メリットの所得控除だけが残りますよ。

次にNISAですが、

>本来ならプラマイゼロのところ、50円分の利益が出たとみなされてそこに課税されると思うのですが。

質問者さんは、100円が50円になるデメリットを書かれていますが、100円が200円になるメリットもありますね。

そもそも、NISAは少額投資非課税制度です。
あくまで投資ですから、メリットもデメリットも併せて自己責任ではないでしょうか。

NISAも確定拠出年金も国主導の制度ですから、メリットは税優遇だけです。
分からない、理解できない、損をするかも知れないと思われる方は、利用しなければ良いだけです。

ただし、利用しない方は、利用する方より、資金が運用出来ていないので、数十年後には、手持ちの資金総額に差が付いているだけです。

  • 質問者

    coo********さん

    2018/1/621:33:17

    DCも受取期間が10年間に限られる点で積立NISAと同じだと思います。
    また、掛金が所得控除になるのはその通りですが、一方で受取時に利益だけでなく元金含め全額に課税されます。これは掛金への課税が、受取時に繰り延べされたとも考えられます。もちろん退職所得控除が適用されるので得はしますが、自営業者ならともかく、公務員などは退職金と合わせてしか適用されないので、それほどお得にはなりません。受取時期をずらしたとしてもせいぜい控除は80万です。このあたり、多くの方が知らないまま投資してると思います。国として推奨するなら、デメリットもちゃんと説明すべきかと。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「積立nisa」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moo********さん

2018/1/710:23:23

つみたてNISAはいったん積み立てスタートしたら20年間解約できないわけではありません。マイナスが積み上がりそうだと踏んだら一旦損切して様子を見ることも出来ます。例えばリーマンショック級の事態により一気に下げたら再び値が戻るまで辛抱強く待つのもありだし、一時的に撤退してポジション取りなおすことも可能です。
例えば積み立て18年目で下がったら、さっさと撤退したほうが傷が浅くて済むかもしれません。残り2年で持ち直すのは難しいかもしれないですから。
でも積み立て2年目で下げたら、下げ幅にもよりますが20年後にはプラスになってる可能性は大きいと思います。
その判断は自己責任ではないかと。売り時が難しいのは個別銘柄株も同じ。それが投資の特徴だと思います。

私は投資を始めてすぐにリーマンショックを経験し、インデックスファンド中心の原資が6割くらいに目減りしました。小遣い程度の少額だったため損切せずに塩漬けにしておいたら5~6年で戻しました。あのくらいの大暴落があったとしても7~10年塩漬けできる時間があれば値は戻ると見ています。

yam********さん

2018/1/321:07:36

NISAのデメリットは損益通算や損失繰越の確定申告ができないこと。NISAで損が出て他の口座で益が出ても益の税金を減らすことができない。
従ってNISAで運用する商品は絶対利益が出るものにすべきなのはちょっと考えれば分かることなので別に隠してはいないでしょう。

>そうすると,非課税どころか,20年で損した分にまで課税されることになりませんか?

損した分に課税はされませんよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rkc********さん

2018/1/317:32:49

移管した場合利益が出ていても損していても課税されません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる