ここから本文です

45歳(正社員、既婚、子供1人)アフラックのがん保険→富士生命のがん保険に変更し...

アバター

ID非公開さん

2018/1/616:51:18

45歳(正社員、既婚、子供1人)アフラックのがん保険→富士生命のがん保険に変更しようと思っています。

富士生命がん保険(この中でどれをどう選択すればよいか悩んでいます)
悪性新生物診断給付金(50万円、100万円、200万円)
悪性新生物初回診断一時金(つけない、50万円、100万円)
がん先進医療給付金、がん先進医療一時金(130円なので付けようと思います)
上皮内新生物診断給付金(273円ですが付けるか、どうか迷っています)
抗がん剤治療医療給付金・がん放射線治療給付金(つけない、10万円)
女性がん手術給付金・乳房再建術給付金(300円前後なのでつけたほうがよいでしょうか?)

現在入っているがん保険
がん保険(終身・解約返戻金なし)アフラック2,890円
(診断給付100万円1回のみ 入院給付金1万円、通院給付金1万円、がん先進医療負担した分)

下記の現在入っている医療保険もありますので、がんの手術や入院になった場合、これも受け取れますでしょうか?
医療保険(終身) メットライフ2,682円
(入院1日5,000円 手術代10万円、先進医療給付)

よろしくお願いします。

補足皆様、回答ありがとうございます。
アフラックですが、契約は2015年7月です。
終身で、がんの場合100万円、上皮内新生物の場合10万円(それぞれ1回限り)
入院給付金1日1万円、通院給付金1日1万円です。

閲覧数:
634
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bla********さん

2018/1/1308:11:34

もう富士のがん保険に変えるのは、気持ちが決まっているんですよね?

先日も同僚たちとがん診断金について話していたのですが
最近特定疾病の一時金のみを持つ人が増えたけど
みんな金額が小さすぎると・・・
30万や50万ではがんの際治療の選択肢が
健康保険対象の標準的な治療しか選べません。
他の方も言われていますが、私も身内のがんを経験してますが
診断一時金が最低でも100万円ないと
自由診療の治療は選べなかったです。
普段は意識することがありませんが、がんに関しては
沢山治療方法があって、まだまだ健康保険対象治療として
認められていない治療が色々あります。
先進医療に入るのはごくわずかな治療だけです。

それを踏まえたうえで、富士生命のがん保険を選ぶ際
予算の関係で金額設定を小さくするようならば
アフラックのまま、SBI損保のがん保険のような
自由診療に対応した実費補償型のがん保険も
選択肢に入れてはいかがですか?

やっぱり富士生命のがんでいくのなら
悪性新生物診断給付金(50万円もしくは100万円)
悪性新生物初回診断一時金(診断給付金が50万なら100万円)
診断給付金が100万なら50万円
がん先進・・・予算があれば(メットライフについてるので)
抗がん剤治療医療給付金・がん放射線治療給付金(10万円)

上皮内新生物診断給付金と女性がん手術給付金・乳房再建術給付金
これに関しては女性の乳がんで上皮内新生物になった際
場所によっては悪性と同じく全摘することがあります。
実際されたお客様にお会いしましたし、記事でも紹介されています。
全摘すると乳房再建を考えられると思うので
上記特約のうちどちらかはあった方がいいと思います。
悪性での乳房切除→再建も考えると、女性がん手術給付金・乳房再建術給付金
のほうがいいかと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「アフラック」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sou********さん

2018/1/1216:44:39

私も最近、がん保険の見直しをしたので、そこで得た知識を(参考まで)シェアしますね。

富士生命のがん保険は、私も検討候補に入っていましたので、私が入るとしたら…下記のような内容にすると思います。

悪性新生物診断給付金 100万円(最低限このくらいは欲しい)
悪性新生物初回診断一時金 100万円(2年目の再発に備えて)
がん先進医療給付金、がん先進医療一時金 不要(メットライフの先進医療で)
上皮内新生物診断給付金 50万円(子宮頸がんは殆ど上皮内と聞くので)
抗がん剤治療医療給付金・がん放射線治療給付金 不要(一時金でカバー)
女性がん手術給付金・乳房再建術給付金 30万円(女性としては心配)

富士生命の診断一時金は、1回もらうと2年間もらえない期間があるので、2年目の治療費を先にもらっておく意味で初回診断一時金が必要という判断です。


あと、メットライフの医療保険に加入中なら、がん含む3大疾病で一時金が出る特約を追加するという方法もありだと思います。この場合は一時金が1年ごとにもらえるのと、脳血管疾患や心疾患も一時金の対象になるのがメリットになりそうです。
(↑保険料の追加分は、営業さんに聞いてコスパ判断してください)


ちなみに私自身はオリックスの医療保険にがん一時金特約を付けて加入しました。

参考まで、がん保険選びで下記が参考になりましたのでシェアしますね。
http://hoken-erabikata.at.webry.info/

pik********さん

2018/1/700:09:49

私は10年生命保険業をしており、家族4人のがん体験も見てきました。
そこでつくづく思うのは、最初の一時金の大事さ。富士に切り替えるのであれば、診断給付金は最低100万円、そして初回はさらに100万円は、つけておくことを勧めます。
がんは、最初の治療の選択で、その後の人生を大きく分けます。治療の選択肢を幅広く持つために、診断された時点でお金の心配をしなくていいことが大切です。

抗がん剤や放射線特約もあれば助かります。
上皮内は実際治療にさほどお金はかからないので、家計に余裕があれば。また、女性特約は、万一乳がんになった時の乳房再建には心強い費用ですが、診断一時金がしっかりあれば、それらに充てることも出来るので、特約は家計に余裕があれば付けるのもいいのでは、と私は思います。

要は、毎月支払う保険料の中で、なるべく診断一時金に充てることが重要だと私は感じます。

先進医療については、がんの先進医療は放射線から抗がん剤、診断に至るまで、様々なものがあり、中には数百万円するものもあります。
治療の選択肢を増やしておくため、付加をおすすめしています。

メットライフの医療保険はもちろん、がんでも支払われます。
この保険を継続するのなら、先進医療はがんも含め全ての病気が保障されるので、がん保険の先進医療特約は付けなくてもいいのかなとは思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる