ここから本文です

「宇」という漢字は、「宇宙」という普通名詞と、「宇都宮」「宇野」などの地名の...

hel********さん

2018/1/1019:49:04

「宇」という漢字は、「宇宙」という普通名詞と、「宇都宮」「宇野」などの地名の、どちらから覚える事が多いのでしょうか?また、そもそもどちらの言葉を先に覚える事が多いのでしょうか?

日本人(特に日本人の子供)が漢字の「宇」の字を覚える機会はどちらの事が多いか、また語彙では「うちゅう」と「うつのみや」「うの」などのどちらを先に覚える事が多いのか、をお尋ねしたいと思います。

私は、「宇宙」という言葉を「宇」の字を含む地名より先に覚え、当然漢字の「宇」の字を覚える機会も「宇宙」という言葉からが一般的、と考えています。
(ただし、栃木県宇都宮市や岡山県玉野市宇野地区も、かなり広域的に知られた地名のはずなので、その次に知る「宇」の字を含む言葉だと思います。)
そう推測できる理由を、以下に述べます。

まず、国語科の教材で漢字を習う時、普通は、固有名詞からではなくその他の品詞(主に普通名詞)から習います。
「宇宙」という言葉(漢字熟語)は普通名詞です。ですから、この熟語を通じてこの漢字を習うと推測されます。
(他にも「堂宇」などの漢字熟語があります(かつ漢字の「宇」の字の本義を含む)が、あまり使わないので、それを通じて習う事は考えにくいです)

次に、「宇宙」という語彙や概念に接する機会が、多くの児童にとって豊富である事も大きいです。
国語科の教材だけでも、天文や宇宙開発(宇宙飛行士の体験談など)に関する説明文や随筆がまず考えられますし、SF的な(宇宙人と遭遇したり太陽系外に行くような)物語や戯曲(演劇)や詩が教材になる事も多いです。
無論、理科でも小学生のうちに、「宇宙」という概念に接するはずです。
天文について初めて体系的に学ぶのは4年生位だと思います。(簡単な天文観測などを行い、その際星座早見版を配布されることがあります。その際、自主的に星座や太陽系内の惑星を覚える事も多いです)
なお、この学年は、国語科で上記の漢字・熟語を覚える前年でもあります。
その他、音楽科で、宇宙に関する歌を歌ったり、図画工作で天体や宇宙船の絵を描くかもしれません。

また、天文や宇宙開発や宇宙SFに関する、児童向けの書籍や映像作品は、非常に豊富です。

よく図書館や図書室に行く児童なら、もっと前から上記の事を知っていると思います。
そこには目立つ所に、天文や宇宙開発や宇宙SFの本が置かれている事が多いです。
なお、そうした児童は、よく科学館やプラネタリウムにも行くかもしれません。

また、それらに関する漫画・アニメ・ゲーム・映画・ドラマ等が多数ある事は、皆様もご存知でしょう。
あまり発展学習を好まない児童でも、そうした娯楽作品を通じて宇宙という概念を知る機会が豊富です。

以上の状況は、現況に限らず、有人宇宙飛行開始以後の時代全般に当てはまると思われます。

一方の「宇都宮」「宇野」などの地名ですが、まず宇都宮市民・玉野市民なら早期に(小学校入学頃には)覚えるでしょう。栃木・岡山両県の県民もそうかもしれません。

また、これらの地名が、広範囲に関係する事も重要です。

まず、栃木県宇都宮市には、他の都県に通じる幹線道路と鉄道線が通じています。
国道4号、東北自動車道、宇都宮線(東北本線)、東北新幹線が、それに該当します。
それ故、関東地方と東北地方の広範囲でこの地名が知られる、子供でも早期に知る可能性があります。
通学路が国道4号を渡る場合「宇都宮120km」の道路標示を毎日見るかもしれません。
ドライブや電車でのお出かけで(目的地が宇都宮の手前でも)「宇都宮」の地名を見るかもしれません。

これも、現状に限らず、自動車の普及や電車でのお出かけが一般化した時代全般に当てはまります。
なお、この地に高速道路や新幹線が通じた時期は、有人宇宙飛行(それぞれアポロ計画・スペースシャトル)が世情を賑わせた時期と同時期です。

同様に、岡山県玉野市宇野地区も、四国(香川県高松市)に通じるフェリーの乗り場として知られます。
よって、四国側でも、あるいは中国地方の他県でも、子供でも知る地名かもしれません。

それ故、こうした地名を含む文章を、両市の市民でなくとも、国語の作文で書くかもしれません。
こうした地名を小学校の社会科で習うかどうかは微妙ですが。

補足こうした地名や「宇治茶」「宇治金時」などの語彙と、「宇宙」のどちらが基本語彙度が高いでしょう。
宇宙飛行士しか行けず、その研究には自然科学的には高度の物理学を(故に望遠鏡での天体観測すらあまりしない)、人文的には哲学を要する領域と、誰でも行ける地域や誰でも飲んだり食べたりできる食品の差なのですが。

なお、児童に科学に関心を持たせる場合この「宇宙」を重視する理由や、児童書に(物語を含めて)宇宙天文系が多い理由も知りたいです。
現在の科学の最先端がそこに向けられているからでしょうか?
あるいはリアルな話(宇都宮や宇治茶の話)よりファンタジーな事(宇宙飛行等)だからでしょうか?

閲覧数:
270
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2018/1/1313:18:42

栃木県民なので
「宇都宮」ですね。

ちなみに栃木県には
「宇賀神」や「宇賀持」
と言う、珍しい名字が
存在します。

  • 質問者

    hel********さん

    2018/1/1619:30:36

    「宇宙」より「宇都宮」を先に覚える、「宇宙」ではなく「宇都宮」から「宇」という漢字を先に覚えることも、地元の方々にはいらっしゃるのですね。興味深いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/1/16 19:31:08

あなた様のご回答をBAに致します。
ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hok********さん

2018/1/1419:29:39

長々とした質問文を読ませてもらったけど、不毛な問いかけであるとしか言いようがないな。

別に「宇」に限らず、小学校レベルの基本的な漢字について、自分が最初にどういう熟語でその漢字を覚えたかなんて、経緯を記憶しているより記憶していない文字の方がずっと多いだろう。日本で生まれ育って日本語で教育を受ければ、いつのまにか覚えちゃった、という以上のものではない。

自分の経験レベル、主観レベルで何か話せることがあったとしても、「宇宙」という普通名詞が先か、宇都宮その他の固有名詞が先か、どちらの人が多いかなんて客観的な統計なんか取りようがないじゃないか。

他の質問もそうだけど、貴方については正解の出ようがない非生産的な問いかけばかりしていて、社会適合性が無い人物にしか思えないけどね。

nak********さん

2018/1/1020:41:21

人によって違いますが宇宙みたいな普通名詞のが先に覚える人が多いと思います
但し住んでる地域が宇都宮とか宇治とかだったら別です
因みに僕は宇都宮出身なので宇宙より先に宇都宮を知ってました

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kn_********さん

2018/1/1020:40:04

地名で言えば、
お茶で有名な京都の「宇治」
大分の「宇佐」
他にも「宇部」「宇土」「宇津」など全国に多数存在しますよ。

また、人名(苗字)では
「宇野」「宇佐美」「宇津井」など多数いらっしゃいます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rak********さん

2018/1/1020:31:31

奇遇ですね
僕にとっては
宇宙と宇野勝のどちらかが
最初だとおもわれる
のですが
天秤にかけたところ
宇野重吉でした

gre********さん

2018/1/1020:17:57

自分の名前に含まれていない限りは、「宇宙の宇」として覚えるでしょう。

宇都宮市とか栃木県内なら、宇都宮のほうが先の可能性はありますが、宇野なんかはよほど地元でない限り……岡山の小学生でも、宇宙より先かどうかは微妙だと思いますよ。

いまどき宇高航路なんて……

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる