ここから本文です

以前、実習へ行った時のことです。

アバター

ID非公開さん

2018/1/1209:18:26

以前、実習へ行った時のことです。

実習先の高齢者施設にいらっしゃった小柄な方の移乗介助を職員の方から説明を受けてやらせていただいたのですが、言われた通り私が脇の下に手を入れて抱えようとすると高齢者の方の腕が伸びきってしまってなかなかうまく抱えあげられず、職員の方が代わりに移乗しました。
その後すぐ食事の介助の時間であったため、何がいけなかったのか聞くことができませんでした。
施設の方がやった方法と私がやった方法はあまり変わらなかったように思うのですが、何か違ったのでしょうか。
自力での立位や座位の困難な方の介助。
コツなどあれば教えていただければ幸いです。

閲覧数:
53
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

afa********さん

2018/1/1210:15:25

脇の下をフォローしての移乗ですね。
腕が伸びきるならば、脇の下ではなく、肩を支えるように力が入ったのでしょう。
脇の下に手を入れて、肋骨を抱えるイメージでしてみてください。

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/16 22:31:57

皆さん回答ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

azu********さん

2018/1/1210:23:43

実習お疲れ様です。

ベッド⇄車椅子とかですよね。
腕が伸びきり(前か上か分かりませんが)協力動作が少ない方は身体を密着することが大事ですね。しっかり固定していると安心感があり、隙間ができてしまうと(落ちそう、怖いなど感じ)難しいです。
利用者さんは不安なども感じやすいので、少し身体を反らしたりされるだけでも上手くいきません。人によっては拒否反応もあります。

難しいですがその日のうちに聞かないと分からないままなので積極的に聞くことも大事です。

コツではないですが、最初は何事にも声かけ(脇支えますね、これから◯◯に移りますね)から信頼関係を持ち、自分も不安感をできるだけ持たないようにするとかですかね。(長期的ですが)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる