ここから本文です

住宅建築の北側斜線制限について教えてください。 南へ45度振っている間口...

ptq********さん

2018/1/1213:47:36

住宅建築の北側斜線制限について教えてください。


南へ45度振っている間口10m奥行き18m、南東6m道路の整形地で、
用途地域は第一種低層住居ですが、北側斜線はどのようにかかってきますか?

5m*1.25勾配の制限は調べて分かりましたが、
方位が振っているので敷地の角が真北を向いている形です。

これは北東と北西の隣地境界線から全て斜線制限が掛かるということでしょうか・

閲覧数:
230
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2018/1/1311:21:21

①「北側斜線」や「日影規制」の検討をする場合、必ず「真北(磁北ではなくて、北極点を向いた方向です)」で考えます。

②但しこの様な検討は「建築士」が行いますので、お客様ご自身で検討する必要性はありませんよ。

③それ以外で何か「特別な事情」でもあるのでしょうか?


「補足」があれば「追記」が可能です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ボブの父さん

2018/1/1219:16:26

☆、宅地測量図は磁北となっていることが多いです。都道府県の磁北
と真北差の記載で修正と国交省都市計画図から真北を割だすかです。
建物の配置図に真北と磁北を記載して、真北で軒先離れと棟先との離
れを図に二面の真北から、斜線制限を断面図へ検討の記載が良い。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tet********さん

2018/1/1214:10:14

概念的にはその2方向の隣地境界線に制限が掛かります。

建物から真北方向に付いての制限ですから、
建物が真北から見て存在しない部分は除外されると考えれば良いと思います。

http://kakukikaku.com/law-p6.htm

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる