ここから本文です

【急募】アイビーが枯れそうです。

アバター

ID非公開さん

2018/1/1315:03:06

【急募】アイビーが枯れそうです。

今週初めからアイビーが元気が無く、水曜日あたりから枯れが目立ち始めました。
木曜日に立ち枯れ病を疑い、2つの苗を1鉢で植えてましたが、
1苗1鉢に植え替えしました。
根っこや根元はカビなどなく綺麗な色でした。

今日もどんどん枯れており、どうしたら良いのでしょうか?

育成場所はダイニングキッチンの南東の窓辺で屋内です。
うさぎがいる関係でエアコンが常時付いてて乾燥気味です。

よろしくお願います

アイビー,立ち枯れ病,ダイニングキッチン,根っこ,急募

閲覧数:
141
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bur********さん

2018/1/1410:52:54

入手したばかりのものであれば
環境差で多少枯れてきてしまうことがあります。
水を控え養生させるようにします。
肥料は絶対に与えてはいけませんよ。

水の与えすぎてはいませんか?
水遣りは土が乾いてから、今の時期であれば1日置いてから
たっぷりと容器の底から流れ出てくるまで
容器の縁からそっと与えてください。
トレイや鉢皿にたまった水は随時捨ててください。
そのままにしておくと根が腐ってしまいます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/1422:10:43

    苗は元々一年前に挿し木して根を張らせたものになります。

    水は二日に1回ぐらいで挿し木用土で育ててたので、加湿はないのかなと思います....
    根っこも綺麗でしたので、乾燥を疑がっても良いのかな...?それとも病気なのかな...?って感じです。
    木(茎?)の部分はすごく元気でシワシワヨボヨボってわけではないです。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jun********さん

2018/1/1612:18:49

あの・・・挿し木用の土って栄養ほとんど無いですよ。

その状態で1年ですか?だとしたら必要な栄養が不足している状態ではないでしょうか。

早めに観葉植物の土に植え替えることを勧めます。

さらに水遣り灌水が過多です。

私の地域関東では冬は外で放置、忘れた頃に灌水で、おおよそ10日に一回程でしょうか。画像の鉢は若干大きめで保水力が高めですのでさらに間隔をあけても構わないでしょう。

あと、太陽はガンガン当てて構いません。日陰でも平気なんて嘘っぱちです。
太陽をガンガン当てると逞しい苗になりますよ、アイービーは。

それとこの状態でさらに、挿し芽をしたら絶対に枯れますので止めたほうがいいです。

アースガーデンの画像

企業公式

2018/1/1610:55:24

こんにちは。アースガーデン(アース製薬)、園芸担当です。

アイビー(ヘデラ)を育ててらっしゃるのですね。
水のやりすぎ、水枯れ、植え替えの失敗、害虫、根を傷つけた…
などの理由が考えられるかと思います。

今回は、水のやりすぎか植え替えの失敗の可能性が高いと感じました。
元気がないところに植え替えでさらにダメージを与えてしまい、
どんどん枯れてきている状態かと推察しますが、
アイビーは丈夫な部類になりますし、根はキレイな色とのことですので、
復活の可能性はまだ残されているかと思います。

まず、水やりに関してですが、冬に2日に1回のペースは、
アイビーにとっては適切ではない可能性が高いです。
冬は土が乾いてから数日経ってから、受け皿に水がたまるくらい、
たっぷり与えてあげると良いですよ。
12月から2月くらいまでは水を与えすぎると逆にストレスになります。

写真ですと受け皿がないように見えますが、
受け皿に水がたまるくらい与え、そのあと溜まった水を捨てます。
土が乾いているかどうかの判断は、難しければ、
根を傷つけない場所に割り箸をさしてみてください。
このとき割り箸が湿ったり土がついたりする場合は水が足りています。

水やりを控えて、どうしても乾燥が気になる場合は、
【葉水(霧吹きなどで葉に水分補給)】してあげてください。

植え替えて以降、より元気がなくなってしまっているようですが、
土の入れ方は問題ないでしょうか。

土と根に隙間があると根が活着しにくく、成長が止まったり、
ひどい場合は枯れてしまったりすることもあります。
根を傷つけないように注意しながら、
菜箸などで押しこむように土を入れていきましょう。
土は観葉植物専用または水はけの良い土を選ぶようにしてください。
根が張るようにと、ふかふかするよう軽めに入れてしまう方がいますが、
むしろ押し込んであげたほうが根は張りやすいですよ。

ただし、寒い時期の植え替えで根に影響を与えていないのであれば、
質問者様の考え通り立ち枯れが懸念されますね。
その場合は、土壌の問題なので、土壌の交換が必要になってきます。

また、日陰に強く育てやすいアイビーですが、
日当たりが悪いと葉が落ちたり元気がなくなったりしますので、
南東ですと少し日当たりがよくないと思いますので、
冬は日当たりがよく、暖房の風が直接当たらない場所がおすすめです。

思いきって元気な部分を切り取り増やす方法もあります。

①水挿しで増やす場合
アイビーの葉が数枚残るようにして、長めにカット。
水の入った容器にアイビーを挿したら、
直射日光を避けた明るい場所に置きます。
水はできるだけ毎日新鮮なものに取り替えてください。

②挿し木で増やす場合
水挿しと同じく茎を10~15cmぐらいの長さでカット。
用土を入れた鉢に挿します。
鉢は半日陰で乾燥しすぎないように水やりをしながら育ててください。

水の与える頻度が多いこと、
または植え替えの土の入れ方が原因かと推察しますが、
上記が理由でない場合はハダニなどの害虫を疑ってみてください。

追加で質問等ございましたらお気軽にご相談いただければと思います。
アイビーが元気になりますよう、応援しております。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる