ここから本文です

一週間ほど前に風邪をひき、喉と鼻のあいだの痰が取れず4日ほど前に耳鼻科へ行った...

chielien_1a57b777bb856e2499e53dcfさん

2018/1/1323:31:24

一週間ほど前に風邪をひき、喉と鼻のあいだの痰が取れず4日ほど前に耳鼻科へ行ったら上咽頭炎と診断されました。炎症を抑えるお薬や、痰を切るお薬、鼻うがいも処方されましたが、鼻水と、痰が未だにへばりついてい

て気持ち悪いです。
痰を吐き出すのも出来なくて、月末にライブで歌わなければ行けないのでほんとうに一日でも早く早く治したいです。オススメの治療法がありましたら教えてください(;_;)

部屋はたくさん加湿しています!

閲覧数:
122
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/1/1613:10:23

大きく捉えると後鼻漏みたいなことになっているのでとても辛いとおもいます
声も出にくいかもしれないです 湿度は大事ですね
(後鼻漏は症状)

解決するかわかりませんが 参考に読んでみてください
下の本は 歌手に走っておくと便利な本です

風邪=急性上咽頭炎で
その炎症が慢性的に続いていると慢性上咽頭炎です

ですが 貴方が今回の風邪の前から 慢性上咽頭炎になっていた可能性があります
それをBスポット治療や検査で調べると 診断できます

なぜそう推測できるかといいますと
この風邪が治りにくいということでそう思います

つまり慢性上咽頭炎になっていると 本人は全く気が付かないのに
勝手に炎症を起こしているので 風邪を引きやすく 治りにくい
根本的な火種があるというイメージです 火種=炎症のたとえ

スパッと治る人は 後鼻漏のような症状にはならず
なんなら風邪さえ引きません

貴方は歌うということをされているということなので
ありえます

なぜかというと 上咽頭炎の急性慢性どっちにしても
口呼吸をしている=歌うという運動は

口の中がカラカラに乾燥するので
のどにある大事ななリンパの扁桃と上咽頭が炎症を起こしやすいという意味です

扁桃と上咽頭は 呼吸で入ってきた菌やホコリや異物を
撃退=炎症させて 粘液が流します そうなると
風邪を引く前に 流れるので
風邪を引きません

最初から慢性上咽頭炎になっていると
粘液がでていない 繊毛が壊れているので
菌を撃退できず 炎症を大きくしてしまい
免役異常を起こしている状態です

本人はただの 喉の不調なのですが
ノドでは大きな戦いがおこっています

昔ひいた風邪が くすぶり続けているのですが
誰も気が付かないわけで

この症状は 普通の耳鼻科にいっても
謎の症状とされて 薬をだされて終わってしまいます
何件も耳鼻科を回って 原因不明となります
と精神科を紹介されたり もっと謎になります


そこでBスポット治療を使って

本当にそんな炎症があるのか 調べて行くしか
ほんとの診断はできないわけです

歌手やアナウンサーなどの 声を保守するために
この治療をすると聞いたことがおありとおもいます

歌うことは =口呼吸なので
歌うことはわりと ノドにとって負担になっています

そこで水を飲めばいいかというと それも必要ですが
のどを潤すのは 水ではなく
粘液です

口が乾燥しているので 炎症する
炎症するので 繊毛が動けないという悪循環となります

なので なるべく歌う前と後に
あいうべ体操という唾液と粘液を出す
運動をしてください ネットで検索できます

この体操をすると 歌うのも楽なのでさないかと思います



Bスポット治療は 普通の耳鼻科に無い治療なので
検索で お近くのBスポット治療にいってみて炎症が本当にあるのか調べてみてください

ほんとに急性であったなら 一発でノドが治るとおもいます
(治る方向へ向かうという意味)

慢性上咽頭炎になっていたのなら 数回か 数十回で治っていきます

それ以上入り組んだ原因画あるひとが 先ほどの口呼吸で寝ている
とか 常に口呼吸で生活している人です

動画などみていると 口呼吸の人はすぐにわかります
吸うときと 吐くときに 音が聞こえますね

いろいろな人がいるのでいろいろな口呼吸がありますが
大体鼻で息をしていると 呼吸の音はなく 音はクリアなので声も聴きやすいです

口呼吸は歌だけだというのであれば 直ぐに治っていくと思われますが
寝ているときにの口を 家族に確認してもらうといいとおもいます
あいてる場合は 口にテープです どこでも売っています

Bスポット治療で治らない場合は 歌うことでも
ノドに負担になっているのだろうと推測できます

なぜ ノドに違和感がくるかというと
上咽頭炎の炎症がが激しくなると
本人には 違和感くらいですが

炎症=戦いから 粘液がどろどろになるので
それが落ちてきた後ろに流れると 違和感になります

健康な人は 粘液が流れても 気にも留めない程度に流れています

とは言え 健康な人でも 上咽頭が乾燥すると
だれでも ノドの違和感になりますので
口の中をきれいにして 砂糖を残さない状態にしておくと
菌も増殖しないですので炎症もおさえるのは早くなります

っということで
お近くのBスポット治療にいって炎症がどのくらいか
確かめてみて 一発で治らないのであれば
数回から15ほどいってみてください

それでも治らない場合は
口呼吸をしているとおもいます
または歌の負担など

それでも治らない場合も いろいろとあります

まずは まいにち ミサトールリノローションで鼻うがいをしておくと
風邪をひかなくなります

もちろんBスポット治療では粘膜を焼いて炎症をとるので
(一回ではない)

根本的に風邪を引かなくしていけます

鼻うがいは まいにちです
Bスポット治療は週一でOK
です

上咽頭はリンパなので ここに免役異常をおこした
慢性炎症があると 免疫がまっすぐ働かないので
風邪も引きやすく 治りにくい
小さい不調がある(病院に行かないまでも)
となりますので

ここを治しておくのは 健康の土台・根拠がありありなので

長文で説明させて頂いております
ぜひライブ頑張ってほしいと思います

上咽頭と自律神経の狂いは 密接なので
ストレスがあっても 上咽頭影響してきます

これは基本ですが↓
ストレスをためない (緊張でも乾燥します)
加湿する事
血流の良い姿勢や運動すること
体温を維持 36.5

肩をひやさない もちろん足もひやさない
方はぐるぐる回せるくらいにしておく 常に

冷えた物を飲まない 熱い風呂もあまりいいとは言えない適度ですね

首はもっと冷やさないように
帰宅したら レンジで温めた濡れタオルを首に充てたりして
首を あっためてくだい

などなど気を付けるべきところがあります
すべてそろっていて 喉も健康保持できますので
この機会に本を読んでみてほしいとおもいます

これを理解できたら
一生ものの健康情報をてにいれたと同じことです
鼻呼吸は基本の呼吸です

後鼻漏の多くの人は 風邪をこじらせて
その上に 超真面目に思考しやすい人が多いので
真面目をやめるだけでも 簡単に治ると言っても過言ではないくらい
実感しております

自分が真面目にしていると 真面目にしていない人をみると
イライラしてしまいます

それが人生においてノドにおいて
結構な負担となりますので 後鼻漏が慢性的にならないように
今 リラックスを覚えてしまうと 良いとおもいます

貴方は大丈夫と思いますが
引きずらないように スパッと治って
治ってほしいと思い 詳しめに 書いてみました

お客さんを 楽しませてあげてくださいね~
貴方が楽しめば 健康を維持できます



本をどうぞ

大きく捉えると後鼻漏みたいなことになっているのでとても辛いとおもいます
声も出にくいかもしれないです...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。