ここから本文です

新築一戸建ての購入を検討しています。現実的にローン返済の面で購入可能か悩んで...

ell********さん

2018/1/1410:45:46

新築一戸建ての購入を検討しています。現実的にローン返済の面で購入可能か悩んでいます。

家族構成として、現在3人家族、僕30歳年収650万、妻27歳専業主婦(子どもが幼稚園に入って時間が出来ればアルバイトを検討)、

子どもは0歳です。2年後ぐらいにはもう1人子どもが欲しいと考えています。

工務店に見積もりを出してもらった金額が4400万+諸費用でした。
現在約900万の貯蓄があり、頭金としては500万程、残りの4000万をローンにしようとかんがえています。
これまで年間150万程度貯蓄は可能でした。


住宅ローン控除や児童手当をあてにして考えるど現状での支払いは可能と判断はしていますが、これから子どもが1人増えた場合、妻もアルバイトが出来ず、幼稚園費用や学資保険等出費が増えることが考えられて不安になっています。
そんなの不可能だ、可能だ色々な意見を聞いて答えを出したいと考えてます。

どうか皆さんの知識をお貸しください。

補足貯金額についてですか、これまでは妻もアルバイトをしており年間200万貯蓄していました。子どもができたためこれからは150万程度と考えてます。

閲覧数:
542
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tuy********さん

2018/1/1419:11:06

一昨年建て替えました。20年前に建売住宅を買い昨年注文住宅で建て替えました。建売時のローン残を借り換え、5,600万のローンとしました。20年前は、私は28才で、結婚半年前に買いました。今考えると何も知らずよく買ったなと思います。しかし、この無謀さもよい面もありました。結婚時には、ほぼ新居での生活も落ち着いていた。子供は、その2年半後に生まれました。なので、家のことより子供のことに集中することが出来ました。
当然、大きな失敗もあります。
1つ目が、住宅ローン控除です。確か4000万の借り入れだったと記憶しますが、20年前は今と少し制度が変わっていますが、借り入れ金額の1%の40万円程度戻ってくると思っていました。しかし金額は覚えていませんが、かなり低い金額しか戻ってきませんでした。これは、収入から税金を支払っていますが、支払っている税金を差し引いた金額が戻ってくる。すなわち年収による税金の支払っている額が少ないと満額戻ってこないということです。私たちは、共働きでおかげさまで、収入面では2に合わせるとある程度恵まれていました。しかし、借り入れを私が、3500万 家内が500万でした。これを各々2000万の借り入れにすれば、満額40万程度戻ってきていたことになります。質問者様の場合、4000万の借り入れで、住宅ローン控除の戻り40万程度は少し難しいと思いますので、確認しておいたほうが良いと思います。
2つ目が、建物の間取りです。建売住宅の新築を見ると、出来上がっているので見栄えで決めていたと思います。最初はよかったが、子供ができ年を取ってくると、間取りの悪さがわかってきた。
3つ目が、建物自体がダメ。20年前の住宅密集地の建売住宅でしたので、建ぺい率などの法的基準もでたらめ。気密性が悪く冬は寒い。そして、1階階段の一番したが腐り始めてきた。等々いろいろです。建売なので仕方ないといえば仕方ないですが。。。

今回の建て替えは、質問者様同様かなり悩みました。本当に大丈夫なのか。
①返済額のシュミレーションをしてみる。最近はスマホのアプリで、住宅ローンの返済シュミレーションがあるのでかなり便利です。この先必要なお金を加味して、自分なりのライフプランを作ってみる。
②銀行のローンプラザで相談してみる。私たちは、最初はハウスメーカーの営業担当を通じて、ローンの相談をしていましたが、途中から銀行のローン担当と直接相談するようになりました。変動と固定で悩むことがあります。銀行によりますが、変動と固定をミックスで借り入れもできます。団信についてもいろいろあります。私たちは2人で借り入れしたので、どちらか片方がなくなればすべてのローンが無くなるようにしました。私たちは、年齢的に無理でしたが、ガンになれば、ローンが無くなるプランもありました。その分金利が上がります。リスクとの駆け引きとなります。
③質問者様の貯蓄が900万とあります。頭金が500万とは、ローンの頭金が400万と諸費用を100万みているということでしょうか?諸費用の中に土地建物の登記費用含まれていますでしょうか?また、工務店の見積書には、照明費用や外構の費用は含まれていますか?
④窓のカーテン費用、引っ越し費用が別途必要です。家電や家具の費用も必要になります。

家を建てるには、夫婦の協力がないと上手くいきません。家づくりが思い出になります。失敗や辛いことも思い出となります。頑張ってください。

  • 質問者

    ell********さん

    2018/1/1421:53:41

    コメントありがとうございます。
    ③についてですがローンの頭金400と諸費用100と考えてます。外構は4400万に含まれています。諸費用のなかに土地建物の登記費用もはいっています。
    ④引っ越し、家電についてはあまりの貯蓄から支払おうと考えてます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rin********さん

2018/1/1414:56:44

単純に、年収に対するローン金額を考える限りは問題ないかと思います。
本当に大丈夫か否かは、ローンを幾ら組むのかもそうですが、ローン以外の出費ですね。
多分、ご夫婦の生活は、1年の貯金を考える限り、いわゆる??派手な生活をしている訳ではないと思います。
ですから、ご夫妻は普通(もしくは普通よりお金使わず)の生活レベルだと思います。
あとは、これから大きくなるお子様と、これから生まれてくるお子様ですね。
お金のかかる学校へ行かせるのか、塾や習い事等の活動、その辺りをどのレベルで行うかでしょうか??
でも、普通に考えて、4人家族、年収650万円 ローン4000万円というところからは、問題ないと思われます。
私も、多くのお客様の対応してきましたが、大きな目安として、年収の7~8倍くらいは、ローンで借入ができます。
勿論、借入出来る額と無理なく返せる額というのは違うのですが、結構、借りれる上限近く借りる人が多いのが実態です。
650万円の7倍で考えると4550万円。今回4000万円ですので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mic********さん

2018/1/1413:11:19

建物だけで4,400万円って、かなりの額ですね^^;
豪邸、羨ましいです。

ウチは建物だけで3,000万円弱ですが、それでも高い方じゃないかしら。
土地は1,000万円くらいでした。
もっと安価に建てられている方、たくさんいますから。
ちなみに頭金500万円くらいでしたが、住宅ローンを4,000万円組んでいます。

30歳で年収650万円は、上を見ればキリがありませんが、それなりに多い方です。
昇給、退職金、奥さんの就労予定、更にはお子さんの学資計画、色々あると思うので、なかなか判断は難しいように思えます。
クルマだって相当な出費ですから、外して考えるワケにはいきません。

私は年齢こそ違いますが、家族構成は質問者さんとさほど変わらない環境です。
昇給や退職金があり、60歳退職時には、(かなり少なく仮定していますが)年収900万円、退職金1,500万円と計算しています。
通常であれば年収950〜1,000万円、退職金1,800〜2,000万円くらいかしら。
また、妻は働きたいクチなので、最低限でも扶養範囲内の収入で計算しています。

…で、予定では15〜20年間くらいで住宅ローンを完済し、老後資金は3,500万円くらいある計算です。
余裕たっぷりとは言えませんが、それなりだと思っています。

質問者さんも収入と支出を洗い出してみてはどうでしょうか。
特に住宅取得のときは、いやでも人生設計に向き合わないといけません。
奥さんの仕事、子どもの進路等、先々どうするかは、奥さんとよく詰めて考える良い機会だと思います。

FPに相談しても良いとは思いますが、まずどうするかを自分達で決めないといけません。
何かイレギュラーなことがあれば、それはその時に考えて対応するしかないですよね。

ただ、何かあって首が回らないと困るので、住宅ローンは私だけの収入で完済できるよう計画しています。
額こそ減りますが、老後資金も同様です。

自分の例を参考にさせて頂ければ、全然大丈夫だろうとは思います。
年収650万円から変更ないなら厳しいですが、そんなことないでしょうから。
イレギュラーなことばかり考えると、そもそも何も予定が組めなくなっちゃいますもんね^^;

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ker********さん

2018/1/1411:54:27

>住宅ローン控除や児童手当をあてにして

こんな微々たるお金をあてにしている時点で「綱渡り的計画」だな、と思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cal********さん

2018/1/1411:48:49

年間150万貯金できるなら、30年で4500万

一般には

学費1000万×ふたり
老後資金3000万
固定資産税や修繕費1500万
車等500万

は必要です。約7000万
単純計算で2500万ほど足りません。これをどう埋めるかです

妻が100万×20年働けば2000万。
退職金や昇給。
月2万節約できれば、30年で700万。等、算段はいくらでもありますね

逆に成長に伴う養育費の増加や、加齢による医療費の増加等、マイナス要素もあります。

端的にいえば、払えるかどうかに住宅ローンの額は決定打ではありません。その環境ならどうとでもなるので、どれだけ真面目に計画を立て、それを実行できるか次第です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mai********さん

2018/1/1411:36:50

無理でしょ。

子ども1人、奥さんがパートするとして、頑張ってローンは3000万までかな?

保育所に預けたって、0才ならば認可だって月に5万はかかる。

幼稚園なんか、私立しか無い地域も多いですし、入園金やら制服代やら除いても月に3~5万は普通。

幼稚園保育園に通うようになってからがキツイかと。

奥さんのパート代なんか殆ど残らないと思います。

現実を見ましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる