ここから本文です

コレステロールが食事では変わらないと知って、、、 最近ネットで 厚生労働省が2...

fkg********さん

2018/1/1609:59:09

コレステロールが食事では変わらないと知って、、、
最近ネットで 厚生労働省が2年位前に、食事からのコレステロールの目標量を撤廃したというのを知りました。

食事から摂取されるコレステロールが20~30%なのに対して、
体内で合成されるコレステロールは70~80%になるので、
コレステロールが高いと言われているものを食べても、体に影響がないとの事でした。

その事を知って驚きました。
実は昨年4月に健康診断で悪玉コレステロールが高く、半年近く通院していました。
通院している時は、医師や栄養士さんから、コレステロールに関する
栄養指導を受けていました。
自分はコレステロールが高いと言われているものを、頻繁に食べていた為、
控えるようになったら、健康診断の時は200ちょっとだった悪玉コレステロールが、
半年後には120になり、通院は終了しました。

疑問があります。

①通院中、食事だけ改善して、運動は一切はしておりません。
食事は影響がないのなら、何故悪玉コレステロール値が下がったのか?
②医師や栄養士さんからは、コレステロールの摂取量の上限値が撤廃になった話は聞きませんでした。
この事は医師や栄養士さんに伝達されていない事もあるのか?
③コレステロールが高いと言われているものを食べても、体に影響がないのは、
健常者の話で、高脂血症(脂質異常症)の人は引き続き制限して下さいとも、
ネットにはのっていました。
高脂血症(脂質異常症)の人には、食事は影響があるという事なのか?

①~③の一つで宜しいですので、お答え頂けますと嬉しいです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
513
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mir********さん

2018/1/2020:01:28

世の中には権力者たちの都合で、間違ったことを正しいことと思い込まされていることが多くあるんです。【コレステロール値が高い=不健康】というのもその1つです。

日本動脈硬化学会は『コレステロール値を薬で下げろ!』と言い続け、日本脂質栄養学会は『コレステロール値を下げたら危険なので下げてはいけない!』と言い続けてきました。

議論は平行線をたどり続けていたのですが、ついに2011年、自治医科大学から『コレステロール値を下げたら死亡率が高まる』という決定的な論文が発表されました(J Epideiol2011)。

これで勝負はついたはずなのですが、日本動脈硬化学会は負けを認めず、圧力をかけられたマスメディアも前述の論文をとりあげることなく、今なお多くの日本人が薬を飲んで下げる必要のないコレステロール値を下げ続けているんです。ちなみにアメリカのガイドラインからはコレステロールの摂取制限は消えています。

もう1つ。220という基準値を下げることを余儀なくされて困ってしまった日本動脈硬化学会は姑息な手に出ます。総コレステロール値を━━

LDLコレステロール値(悪玉コレステロール)

HDLコレステロール値(善玉コレステロール)

━━に分け、悪玉に新たな基準値を設け、『基準値を超えた人は危険だから薬を飲んでくださいね』と言い出したのです。もうあきれてものが言えません……。

とにかく、コレステロール値は高くても大丈夫なものであり、逆に薬で下げてしまうと副作用で早死にしてしまうので、気にする必要はまったくないのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

klo********さん

2018/1/1610:19:04

私見です

①食事が影響しないとの情報は知りません。
私が知っているのは、食事に含まれるコレステロールは、
2週間程度は影響を受けるが、1ヶ月程度以上同じ食事を続けると、
健常な人なら体内での生成量が調整されて元の値に調整されると
いうものです。
なお、通院中クスリは服用しなかったのでしょうか。

②資格を取ってから、最新情報を積極的に勉強していない医師や
栄養士もいる可能性があります。

③コレステロールは、食事からだけでなく、体内でも生成されます。
LDLで運ばれたコレステロールは、細胞に取り込まれ、細胞で使用
されなかったものは、HDLで肝臓に戻され、胆汁酸に変換されます。
今まで玉子を食べていなかった人が、玉子を食べるとコレステロール
が上がります。しかし、1ヶ月も玉子を食べ続ければ、健康な人なら
体内で生成されるコレステロール量が調整されて、元の値でバランス
します。
このように、コレステロール量は一定になるように調整されています
ので、肥満やホルモンバランスなどの影響を受けます。
ホルモンバランスとしては、甲状腺ホルモンの影響を受けますし、
女性でしたら、女性ホルモンの影響を受けます。例えば、
・ピルを服用すると、コレステロールが上がります。
・妊娠すると、コレステロールが上がります。
・更年期になって女性ホルモンが減少すると、上がります。

例えば、内臓肥満が原因でコレステロールが上がっている場合は、
炭水化物を制限することで改善する可能性があります。

なお、動脈硬化の原因として、日本動脈硬化学会の「動脈硬化性
疾患予防ガイドライン 2007年版」では、『LDLコレステロール
以外の主要危険因子には、高血圧、糖尿病、喫煙、家族歴、
低HDLコレステロール血症、男性・加齢がある』と記載されて
います。

つまり、LDLコレステロールが高いだけで動脈硬化になるという
ことではありません。私は、他の要因こそ真の原因だと考えています。
そのことを知恵ノートにまとめていたのですが、
残念ながら知恵ノートはなくなってしまいました。

また、LDLコレステロールは 140 ~ 160 程度が長生きとされており、
140 以下が健康ということではありません。
医学博士の健康情報ブログが参考になります。

http://meirusenju.jp/kunika/185/
健常人を病人にする方法(1:基準値のからくり)
http://meirusenju.jp/kunika/195/
健常人を病人にする方法(2:高コレステロール血症)

fhj********さん

2018/1/1610:18:05

コレステロールの目標量を撤廃したということは
肉類を食べなくてもよいということです
要するに卵や肉を食べなくても
コレステロールに変化はありませんよという意味です
コレステロールとは卵や肉類などの動物性食品です
もちろんこれらを食べ過ぎれば確実に心臓病や脳卒中になって死にます
その他にも動物性食品は肥満・高血圧・糖尿病・癌の原因でもあります

ddt********さん

2018/1/1610:13:24

私もコレステロールが高いから、コレステロールを下げるクスリを飲んでます。悪玉も高めだけど、上限の標準値に近い、
善玉は正常値の上限ギリギリ、
総コレステロールにすると、
高い数字になってしまう。
中性脂肪は低めだけど。
血液は、かなり粘度は低いから、サラサラですけどね。
血液粘度を測定したら、問題ナシ。 大ケガしたら、出血がひどくて、止血しやすいらしい。鼻血出したら、しっかり止血しないと止まらない体ですね。食事制限は全くしてない。
医者からも、食事で、コレステロールのコントロールは無理と、言われた記憶有り、

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる