ここから本文です

自転車同士の事故で、私は転倒し頸椎捻挫で通院中です。丸5ヶ月になる2018年1月で...

nky********さん

2018/1/1700:46:40

自転車同士の事故で、私は転倒し頸椎捻挫で通院中です。丸5ヶ月になる2018年1月で、保険会社より、医療費打ち切りと言われ承諾しました。

すると主治医は医療打ち切り日が症状固定日と言ったので、まだ痛みもあるし改善の余地がある事から、症状固定日を先にしてくださいと言って診察を終了しました。

後遺障害を申請する予定です。医療打切り日より、症状固定日が後(例えば、1ヶ月後)でも問題ないですよね?

症状固定日は、主治医が決定する事も知らない医者なので困っています。

閲覧数:
109
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roc********さん

2018/1/1701:23:45

損保会社で人身事故の担当者をしています。

※2018/1/8付のご質問に回答させていただいております。



>医療打切り日より、症状固定日が後(例えば、1ヶ月後)でも問題ないですよね?

問題ありません。

しかしながら、主治医が「医療打ち切り日が症状固定日」と発言していることからすると、

主治医は、治療費の支払いが打ち切られる前から、「そろそろ症状固定の状態(または、すでに症状固定の状態)」と考えていた可能性が高いと思います。

もし私の推測があたっていれば、保険会社と症状固定日を争う場合に、ご質問者様側が不利になるはずです。

※「もし私の推測があたっていれば」ですので、その点はご注意ください。



>症状固定日は、主治医が決定する事も知らない医者なので困っています。

「症状固定日」は、主治医が決定することではありません。

※ただし、実務上は、主治医が「○月○日で症状固定にしましょう」と言う場合もあります。

症状固定の状態になっているかどうかは、医学的観点から検証することが多いため、主治医の意見・見解が重要であることは間違いありません。

しかしながら、症状固定日を決めるのは、(ご質問のケースの場合)ご質問者様と保険会社との「話し合い」です。

そして、「話し合い」がまとまらない場合には、(究極的には)訴訟をして裁判官の判断を仰ぐことになります。

「症状固定」という用語が、厳密には医学的なものではなく、損害賠償分野の用語であることを理解しておく必要があるのではないでしょうか。

※労災保険における「症状固定」もほぼ同じ意味ですが、こちらは労災保険の用語になります。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

  • 質問者

    nky********さん

    2018/1/1723:11:06

    回答ありがとうございます!

    本日、保険会社の担当者から電話があり、症状固定は保険会社が決めるものと言ってきました。

    主治医は、ずっと保険会社の医療打ち切り日=症状固定日と思い込んでおり、今までの患者にもそうしてきたと言っていました。

    > しかしながら、症状固定日を決めるのは、(ご質問のケースの場合)ご質問者様と保険会社との「話し合い」です。

    下記URLを参照頂ければと思います。

    http://okagawa-office.com/koutsu/shoujoukotei.html

    やはり症状固定を決めるのは、主治医です。大手損保会社の担当者も認め、主治医に電話しています。私は念のため、弁護士事務所にも確認しましたが、症状固定を決定するのは、主治医である事を確認した次第です。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる