ここから本文です

公務員の定年が2021年度から延長される見込みとの報道がありましたが、21年度とは2...

kir********さん

2018/1/1706:58:01

公務員の定年が2021年度から延長される見込みとの報道がありましたが、21年度とは20年度に定年になる人はもう1年延長になるのですか?身分、給与はどのようになるのですか?退職金は?色々と心配です。教えてくださ

い。

閲覧数:
11,144
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iuy********さん

2018/1/1707:44:27

現在の公務員は、60歳の定年で退職します。
公務員の場合は、60歳になった年度末の3月に退職です。
(民間企業では、60歳になった月末で退職ですから、公務員は優遇されています。)
そして、4月からは、再任用職員として勤務します。
そして、年金が満額支給される年齢まで、継続雇用されます。
高齢者雇用安定法があるからです。
(ただし、毎年、雇用契約を更新していく形式です。)
給料については、現役時の6割程度に落とされます。
公務員の定年延長と言っても、この再任用職員形式を、ほぼ踏襲した形式になるものと予想します。
つまり、60歳を越した段階で、退職をさせないだけです。
俸給表を、60歳からの人物は、6割程度に落とした俸給表に切り替えるのです。
そして、その給料で、年金満額年齢まで雇用されるのです。
そして、年金満額支給年齢で、本当の退職を迎えることになります。
なぜ、60歳からの俸給表を切り替えるのか?と言うと、それは財政上の問題があるからです。
現在、どこの自治体でも、高齢の公務員の俸給表は、57歳くらいで昇給はストップしているはずです。
しかし、ストップしていると言っても、高止まり状態です。
この給料で、60歳以降も再雇用すると、自治体の財政が破綻してしまいます。
ですから、60歳からの俸給表を、現在の再雇用職員の給料に準じた俸給表に、切り替える必要が生じてくるのです。
以上が、私の予想する、60歳以降の職員の、定年延長の形態です。
つまり、現在の再任用と、実態はほぼ同じと言うことです。
ただ、退職金については、60歳では支給されないでしょう。
年金満額支給年齢の退職時に、支給されるでしょう。
退職金には、当然、60歳以降の勤務も反映されるでしょう。
しかし、公務員の退職金は、年々少しずつ減額していっています。
ですから、現在の60歳退職者の退職金と、ほとんど同額でしょう。
さて、公務員定年延長については、どこの自治体も模索中です。
その内に、はっきりするでしょう。
報道を注視しておいてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「公務員 定年延長」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kyu********さん

2018/1/1715:52:41

ウチの自治体だと、労組で一生懸命資料を作っていたけど。労組に聞いてみてはどうですか?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる