ここから本文です

三国志の時代には存在しなかったが三国志演義ではよく出てくる地名って、「西涼」...

lac********さん

2018/1/1711:06:49

三国志の時代には存在しなかったが三国志演義ではよく出てくる地名って、「西涼」以外にもあるんですか?

閲覧数:
70
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2018/1/1718:52:07

まあ、お馴染みのところでは虎牢関・汜水関でしょうね。
はたまた、龐統の戦死場所の落鳳坡とか。

こまかなところでは沢山あります。

劉備の初任官の安喜県は定州だし、そこで督郵を侮辱して匿われた先は代州(後漢だと代郡です)だし。
明の時代は「州」が後漢の郡くらいの単位なんですよね。
このあたりはかなり適当で、徐栄は栄陽太守(栄陽は後漢では県)、劉岱とかも兗州刺史とでたり兗州太守とでたり。陶謙もそうだな・・・。
まあ、地方首長はだいたい太守で一括りになってますね、演義は。

あとは、仏教寺院が時々出てきますね。鎮国寺とか。

質問した人からのコメント

2018/1/17 19:01:04

ありがとうございました

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる