ここから本文です

勤務中の交通事故で労災を使って下さい。

アバター

ID非公開さん

2018/1/1800:10:19

勤務中の交通事故で労災を使って下さい。

と言われましたが、相手が10悪く、ムチウチ程度で年末でもあり、仕事はあまり休まなかった為、弁護士特約で弁護士に依頼して、最終的な示談や慰謝料は、裁判基準で請求できればと思いい、まだ労災の申請はしてませんが、長い目でみて、労災申請したほうがいいでしょうか?治療が長期になったときは労災のほうが有利でしょうか

閲覧数:
572
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roc********さん

2018/1/1800:25:25

損保会社で人身事故の担当者をしています。

結局のところ、「加害者側の保険」と「ご質問者様側の保険」の、どちらが信用できるか(どちらがあてにできるか)という問題だと思います。

※加害者側の保険=加害者側自賠責保険・加害者側任意保険の対人賠償責任保険

※ご質問者様側の保険=労災保険・ご質問者様側任意保険の人身傷害保険

加害者側の保険のみでは、治療費の継続的な支払いが、いつストップするかわかりません。

労災保険でも、治療費の継続的な支払いがストップする可能性はありますが、(ご質問者様自身が被保険者ですので)ご質問者様側に有利だと思います。

治療期間が長期にならなければ、(ご質問者様のご理解のとおり)労災保険を使用する必要はないと思いますので、おケガの程度を考慮して検討してみてください。

※人身傷害保険を使用する場合は、労災保険の使用が原則になります。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ten********さん

2018/1/1822:16:00

交通事故に該当する労災の場合、相手方保険会社(自賠責保険・任意保険)から補償を受けることも労災保険から補償を受けることも被災労働者の自由です。
また、同一補償内容について保険会社と労災保険から二重に補償を受けることはできませんが、補償内容が重ならない部分については、それぞれから補償を受けることが可能です。
保険会社からの補償と労災保険のどちらを優先使用するかについては、ご自身にも過失がある場合や相手方が自賠責保険のみの加入で任意保険未加入の場合は、自賠責保険のような支払限度額や任意保険のような過失相殺のない労災保険の優先使用が絶対有利ですが、ご自身に過失がなく相手方が任意保険にも加入している場合は、保険会社から全額補償を受けても問題はありません。(但し、その場合でも4日以上休業して会社から給料を受けていなければ、労災保険に対して休業4日目から1日につき平均賃金の2割を受給できる「休業特別支給金」の支給申請が可能です)
ですから、ご自身が無過失であるご質問のケースの場合、保険会社からの全額補償でも問題はないのですが、示談を有利に導こうと思えば、敢えて労災保険を優先使用して相手方保険会社に恩を売ることも一つの方法です。
医療費の額がどのように決まるかといえば、医療行為ごとに定められた診療点数に一定の額を掛けて計算するのですが、交通事故被害者が自賠責保険・任意保険を使用して治療を受けた場合、保険会社は病院から診療点数1点あたり20円以上(自由診療点数)を請求されますが、労災保険を使用してくれれば1点あたり12円(労災点数)を労災保険(国)から請求されるだけで済み、保険金支払いを抑制できて大助かりとなります。(因みに、健康保険使用の場合の健保点数は1点あたり10円)
特に、治療が長引く場合は、より保険金支払抑制効果が大きくなります。
この知恵袋の過去のQ&Aにおいて、交通事故被害者の味方を装いながら、その実損保業界の忠犬ポチ公である似非NPO代表者やヤクザ行政書士などの交通事故や労災の似非専門家である示談屋どもが、交通事故労災では必ず労災保険を優先使用するようにという「啓蒙活動」を繰り広げていたのは、このようなカラクリが存在するからなのです。
いずれにせよ、先述の通り補償内容が重ならないものについては、保険会社と労災保険から、それぞれ補償を受けられるわけですから、両方を上手に使い分けることが肝要です。
かつて、知恵袋でjikochousaという交通事故の専門家を名乗る行政書士が、「労災の給付が終了するまでは損保請求も保留しておくことが最善」などという、労災実務に少しでも通じた人間からすれば非常識極まりない回答を繰り返し、そのような回答が行政書士を交通事故や労災の専門家と信じる頭の弱い情報弱者たちによって数多くBAに選ばれていますが(お金を取って任意保険会社と代理交渉が行えるのは弁護士だけ、お金を取って労災申請の代行を行えるのは社会保険労務士だけですから、行政書士は交通事故の専門家にも労災の専門家にもなれません)、このようなことを本当に行えば保険会社との関係を悪化させるだけで一文の得にもなりません。(知恵袋では、実際にjikochousaという輩の言いなりになって、トンでもない目に遭った質問者さんが存在します)
労災保険を優先使用する場合は、知恵袋でポンチ代書屋どもが主張しているような「ごり押し」などは決してせず、保険会社や病院とよく話し合ったうえで行い、保険会社や病院との関係を良好に保つよう心掛けてください。

iun********さん

2018/1/1800:11:46

損か得かではなく、事実に基づいて対応するべし。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる