ここから本文です

古舘氏が「一日一生」を仏教的として中田の生の有り様を表現していましたが、同じ...

che********さん

2018/1/1819:42:45

古舘氏が「一日一生」を仏教的として中田の生の有り様を表現していましたが、同じ言葉でキリスト教の精神を内村鑑三も表現しているので、粗雑な解説となるでしょうか?

閲覧数:
120
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaw********さん

2018/1/1915:48:52

どうもね、皆さん一期一会と関連付けていい加減な解釈をしているようですけど。全然関係ないんですよ。「一日一生」にそんな高尚な意味など全くありません。

一日一生の意味は「毎日一生」というだけの意味です。だから四文字熟語にもなりません。(今は審査がかなりいい加減なので載せたかもしれないけど)
これも実際には存在しないのかもしれませんけど西行法師の 詩とされています。
『非晴非雨睡蓮天 非山非林在家仙 “一日一生”興無究 老楽唯在行至善』
「晴れても雨ても水連は咲く 在家の仙人は山でも林にもいない “毎日人生”に興味が究まる(尽きる)ことはない 老いての楽しみはただ善に至ることである」


自分で調べもしない受け売りの似非常識人が蔓延していますので気を付けましょうね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる