ここから本文です

特定口座年間取引報告書の源泉徴収の選択が「無」になっている場合の確定申告につ...

ms0********さん

2018/1/2015:14:35

特定口座年間取引報告書の源泉徴収の選択が「無」になっている場合の確定申告についてお伺いします。
毎月決算型の投資信託で普通分配金から所得税及び地方税を差し引いた残金で再投資しています。

源泉徴収「無」ですから本来なら私が申告し、納税するのではないかと思いますが、差し引かれた税金はどうなっているのでしょうか。
特定口座年間取引報告書は各欄とも*****で数字は記載されていません。確定申告すれば2重納税になってしまいませんか。どうすればよいのか教えてください。

閲覧数:
142
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

編集あり2018/1/2015:51:16

普通分配金については特定口座が源泉徴収無しであっても、所得税及び住民税が徴収されます。(仮に一般口座であっても徴収されます。)

特定口座の源泉徴収の有無は売却益に対する源泉徴収の有無です。

普通分配金については、源泉徴収済みなので確定申告する必要はありません。

質問した人からのコメント

2018/1/21 08:54:44

分かりました。有難うございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hrc********さん

2018/1/2017:44:37

通常配当金や分配金は源泉分離課税になっています。

徴税された税金は、その年の年末まで扱った証券会社が預かり、損失が生じれば預かっている税金の残高に応じて損益通算をし、損失に応じた税金を証券口座に3営業日後に振り替えます。依って二重課税ということは起きないようなシステムになっています。

ですから、質問者さんは「特定口座年間取引報告書」(添付は原本に限ります)によって株取引の明細書を作成し確定申告書Bを使って申告すればよい。

ter********さん

2018/1/2015:17:05

源泉徴収「無」なのに、差し引いている訳なかろう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる