ここから本文です

ITFテコンドーを始めて6ヶ月の者です

アバター

ID非公開さん

2018/1/2117:30:17

ITFテコンドーを始めて6ヶ月の者です

最近練習でスパーリングが始まるようになったのですが、ガードの仕方がよく分かりません。普通の蹴りなどは多少はガード出来るのですが、相手が飛びかかってきてパンチなどをしてくると良くもらってしまいます。ガードのコツなどはありますか?何かアドバイスよろしくお願いします。

閲覧数:
143
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

str********さん

2018/1/2200:54:26

漠然とガード練習をするより、シーンを絞って練習するのが良いです。
たとえばパンチならまずはブロッキング(掌で止める)からやりましょう。パーリングやヘッドスリップなど他にもパンチに対処する方法はありますが、まずはブロッキングが簡単で良いと思います。

パンチを打ってもらい、掌で受け止めます。

パンチを追うのではなく自分の顔の前に手を出すだけです。どちらの手でも良いです。ヒジがあがらないように注意しましょう。ITFのパンチは直線的なので顔の前に壁を作ればたいがい防げます。

慣れてきたら、蹴り終わりにブロッキングをできるようにしましょう。
日頃のミット蹴りの時に、蹴った後(足が着地する瞬間に)手を出す癖を付けておくと良いです。

手が下がっているとどうしても反応が遅れるので、遠い間合いの時以外は手を上げて構える癖を付けたほうが良いですね。蹴っている最中も同様です。

これでだいぶガード出来るようになると思いますが、上手くいかないのであればガードではなくジャブを打つようにしてください。
パンチが来たら自分もジャブ。これでだいたい防げますし、あわよくば自分のポイントになります。


余談になりますが、初心者は下記の順に優先して攻撃を受けるのが良いと私は考えています。

1.ステップワーク
2.ハンドワーク(いわゆるガード)
3.ボディワーク(スウェーやダッキングなど)
4.ヘッドワーク(ヘッドスリップなど)

足で避けれるならステップで避ける。それが間に合わなければ手でガード。という具合です。
何が言いたいかというと、ガードの練習も良いのですが、小刻みなバックステップやサイドステップをマスターするのはもっとお勧めです。

稽古頑張ってください!
テコン!

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/2200:57:42

    回答ありがとうございます!
    本当に役に立ちました!
    次の練習から早速やってみます!
    ありがとうございます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる