ここから本文です

ラジオシティ法とレイトレーシング法について ラジオシティ法によって計算され...

アバター

ID非公開さん

2018/1/2209:11:29

ラジオシティ法とレイトレーシング法について

ラジオシティ法によって計算された結果はレイトレーシングにおいてどの計算でどのように用いられるのでしょうか?

ご回答お願いします。

閲覧数:
164
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pd_********さん

編集あり2018/1/2903:50:41

少なくとも古典的なラジオシティ法は拡散反射体で構成された閉じた空間において単位面積当たりの光エネルギー「ラジオシティ」を元に計算して行く方法。光源も面積を持たなきゃいけないという前提がある。一度計算してしまえばオブジェクトを動かさない限り視点は自由に動かせる。

それに対してレイトレーシングは視点から反射光と屈折光をたどっていく方法。
ただしこの反射光はありとあらゆる方向に拡散する拡散反射光であれば追跡をやめるため、シンプルなベクトルで表せる鏡面反射光を追跡して行く方法。別に閉じていなくても追跡できる。光源は面積を持たない点光源でも平行光源でもいい。視点から計算して行くため視点を動かせば再計算が必要。

だから拡散反射体しかもちいらないラジオシティと鏡面反射光を追跡して行くレイトレーシングは計算において相互に影響を与えることはない。

おそらくグローバルイルミネーションあたりの知識がごっちゃになってる

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる