ここから本文です

地名の由来

アバター

ID非公開さん

2018/1/2211:28:40

地名の由来

大分県に「王ノ瀬」という地名があるのですが由来はどのようなものでしょうか。
憶測でも良いので回答お待ちしております。

閲覧数:
28
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

akuzirouさん

2018/1/2819:28:22

わたくしが小学生の時の大在小学校の郷土史クラブの先生の話です。

太古、今のJRの線路くらいまで河岸でした。
王ノ瀬地区はちょうど丹生川に接する位置にあり、この丹生川の河口は今でこそ護岸工事で狭くなってますが、かなり開けていました。

川が陸地の土砂等を海まで運び、その堆積物等で出来上がった河口の浅瀬を一般的に「瀬」と呼びます。

王ノ瀬地区は、現在は完全に陸地になってますが当時は丹生川が海まで土砂等を運んでできた水辺の「瀬」であり、加えて背後の山に古墳群を従えてることから、古墳の主を総称で「王」と呼称したと考えられることから、「王ノ瀬」となったそうです。

ご存じかもしれませんが、すぐ近くにある、「海部古墳資料館」に行くと竹下陸橋を下った地区はすべて海岸であるといった当時の地形が良く解ります。

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/28 19:36:33

ご回答ありがとうございます。


最近、王ノ瀬地区に越してきたもので「王」が付く地名は珍しいと感じ気になっていましたた。
亀塚古墳から景色を見下ろした事はありましたが資料館には足を運んでいませんでしたので近いうちに訪れてみようと思います。

丁寧で分かりやすいご回答ありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。