ここから本文です

中国の隋、唐の律令制のもとでは、女性はどういった立場、扱いを受けていたのでし...

pgj********さん

2018/1/2216:08:16

中国の隋、唐の律令制のもとでは、女性はどういった立場、扱いを受けていたのでしょうか?

閲覧数:
64
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zuo********さん

2018/1/2914:36:08

前漢の武帝が儒教を採用して以来、中国の女性の権利は縮小の傾向を示します。
秦の法律では死別や離婚に関わりなく前夫の財産の全部や一部を継承する権利が明記されていますが、漢代以降では家財・財産は男子による分割相続、家督は長子による継承が一般化します。

律令制とは農民にとって最も大きな財産である土地(主に農地)の所有権を国家に帰させる制度です。もちろん、「隋唐は律令制」と言っても貴族など有力者は自身の私有地を確保している状態で、律令制が全国に完全に普及していたわけではありませんが、原則としては国有地(王朝の所有である土地)である農地は国家から支給されるわけで、時代(時期)のよる変遷はあるものの、基本的に女性に支給される土地は男性に支給される土地の1/3~1/2程度です。

つまり女性の権利は経済的側面から見れば男性より格段に保障されていなかったわけです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる