ここから本文です

生物について質問です

mik********さん

2018/1/2300:01:19

生物について質問です

グリコーゲンは肝臓と筋肉に蓄えれていますが、血糖を維持するのに使われるのは肝臓由来のグリコーゲンのみである理由

高カロリー輸液の際、ビタミンB1を同時投与しないと患者が死に至ることがある理由
以上二点について教えてください

閲覧数:
51
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwa********さん

2018/1/2315:42:36

グリコーゲンからあるいは糖新生での最終段階はグルコース6-リン酸をグルコースにする反応で、その酵素はグルコース6-ホスファターゼですが、筋肉にはこの酵素がないためグルコースを作ることができません。

糖質の代謝には補酵素であるTPPが必要で、これはビタミンB1から作られます。この欠乏症としてよく知られているのが脚気です。通常の食事をとっていればまず欠乏しませんが、高カロリー輸液を受けているとすれば、他から栄養は入らず、ビタミンB1も取れないことになります。

  • 質問者

    mik********さん

    2018/1/2317:34:26

    ありがとうございます
    2番目についてなんですが、重篤な代謝性アシドーシスを起こすから
    とみかけたんですが、その詳細な理由ってなんですか??

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/1/24 13:36:09

ありがとうございます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる