ここから本文です

生物基礎の問題です! 脂肪細胞から食欲を低下させるレプチンとよばれるホルモ...

gro********さん

2018/1/2320:41:55

生物基礎の問題です!

脂肪細胞から食欲を低下させるレプチンとよばれるホルモンの分泌量が増加する。正常な体型のマウスと、食欲が旺盛であるために肥満体型になったZマウスを用いて実験を

行った。
実験))正常マウスとZマウスの血管をつなぎ、両者の血液が循環するようにして飼育した。その結果、Zマウスには変化がみられなかったが、正常マウスは餌を食べなくなり、次第に痩せていった。

実験の結果より、Zマウスが肥満体型になる原因はある食欲に関する調節機能が正常ではないためである。最も適当なものはどれか。

1.食欲を押さえる神経の働きが弱い
2.強い
3.レプチンの分泌量が少ない
4.多い
5.レプチンに対する受容体の感受性が低い
6.高い

私的には5だと思ったのですが、誰か正解を教えてください。周りの子に聞いてみたら、4という意見が多かったのですが、レプチンの分泌量が多いだけならZマウスは肥満体型にはならなかったのでは...5だとしても受容体の感受性が低くても、レプチンの分泌量が正常なら正常マウスに影響はなさそうだし...

誰か教えてください!

補足レプチンが増加するのは、脂肪細胞が増えたときです!(質問1行め最初)

閲覧数:
77
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ari********さん

2018/1/2321:21:30

よく模試に出てくるタイプの問題ですね。最近の進研模試に似た出題がありました。

正解は5です。

理由は、正常マウスが痩せていったことから正常マウスよりも多量のレプチンがZマウスから分泌されています。また、正常マウスがその多量に分泌されたレプチンを受容したことにより、正常マウスの食欲が抑制されたと思われます。しかし、Zマウスには変化がなかったことからZマウスは正常マウスよりもレプチンに対する受容体の感受性が低かったために肥満体型になったと考えられますね。

  • 質問者

    gro********さん

    2018/1/2322:36:02

    模試の問題です。。。( ^ω^ )

    そういうことだったんですね!そこまで深く考えていませんでした...丁寧な解説ありがとうございました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる