ここから本文です

ロケットのH2Aと、H2Bとイプシロンのロケットって、何が違くて、何で別子に開発し...

ran********さん

2018/1/2420:56:49

ロケットのH2Aと、H2Bとイプシロンのロケットって、何が違くて、何で別子に開発して、何で名前が型番と固有名詞に別れてるんですか?

よくニュースでH2A何号とか、イプシロン何号って聞きますが、

H と 2 とAは何を表してるんでしょうか?

例えばH2A3として3号と名前をしないのは何故なのか 、
また、イプシロンは名前があるのは何故なんでしょうか?

閲覧数:
76
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fir********さん

2018/1/2423:04:43

歴史的経緯によるものです。


日本のロケット開発には2つの流れがありました。

一つは小型固体燃料ロケット開発の系譜
・カッパ → ラムダ → ミュー → イプシロン

もう一つは大型液体燃料ロケット開発の系譜
・N1 → N2 → H1 → H2 → H2A / H2B

です。


イプシロンという名前は上記の通り、日本の固体燃料ロケットが伝統的にギリシア文字の名前を付けてきたことに由来しています。


一方のH2ですが、まずH1ロケットやH2ロケットの「H」は、燃料として水素(Hydrogen)を使っていることに由来します。

N1、N2ロケットは燃料としてケロシン(灯油)を用いていました。水素はケロシンより高性能ですがより高度な技術を必要とするため、水素燃料を扱えるようにすることは大きな価値がありました。そうした心意気の表れとして、N2の後継機にH1という名前が付けられたようです。

H2ロケットの「2」は、H1ロケットの後継機であることを意味します。

さらにH2Aロケットは、H2ロケットの改良型です。完全な新型後継機ではないため、H3ではなくH2「A」という名前になっています。

H2BロケットはH2Aのメインエンジンを2基に増やすことで能力を増強した新型ロケットですが、これもH2Aと共通する部分が多いからか、扱いはH2Aの派生型ということでH2Bという名前になったようです。



ちなみに、JAXAでは現在、H2Aの後継となる新型の大型液体燃料ロケットを開発中で、このロケットには「H3」の名が付く予定です。

  • fir********さん

    2018/1/2423:08:40

    補足

    N1・N2ロケットについては、momoko8bonさんのおっしゃるように

    ・K(カッパ)
    ・L(ラムダ)
    ・M(ミュー)
    の次だから
    ・N

    であるという理由の他に、NipponのNであるという理由もあります。


    これはN1ロケットがアメリカからの技術導入を行いつつもやがては日本独自の実用大型液体燃料ロケットを目指す、という気概から付けられたものと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/1/25 00:29:02

詳しくありがとうございます。
よく分かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2018/1/2422:50:49

基本は「HⅡ」型のロケットであり「A」よりも「B」の方が大型です。
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/h2a/
また、イプシロンは小型衛星を打ち上げるための「固体燃料ロケット」であり、格安に打ち上げることが可能です。
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/epsilon/index_j.html

日本のロケットは長く「固体燃料ロケット」で…K、L、、M、、N、と続いてきましたが「H」型は液体水素を燃料とするため水素の元素記号「H」を付けたものと思われます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる