ここから本文です

織田信長が行った、比叡山延暦寺の焼き討ちは正しい行いでしたから乱暴狼藉をして...

got********さん

2018/1/2421:05:07

織田信長が行った、比叡山延暦寺の焼き討ちは正しい行いでしたから乱暴狼藉をしていた僧兵を倒した信長を見て庶民は喜んだのでしょうか。

閲覧数:
222
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zun********さん

2018/1/2500:04:12

正しいというのは適切かどうか気がかりだけど、戦略的な判断としては、状況が見えていたと思えます。

一般庶民は比叡山の内幕なんか知らないから、仏法に従わないと往生できないといわれれば単純に恐れ、そうした寺社を焼き討ちする信長を恐れた人も多かったでしょう。

しかし宗教界のもう一つの貌、俗っぽいところを信長は理解していたのか、その後の反発を受けるでもなく、結果的には信長は包囲網を脱しています。
宗教界では宗派ごとの対抗意識が根深く、比叡山が焼かれたと聞いて多聞院では「堕落した罰だ」と記しています。

有力寺社は所領をめぐって武家とやり合うことが、中世からありました。その構図が熱をおびたら、こうした事態が出来するのも理解できようというものです。
戦国時代に限っても、比叡山の僧兵などが、畿内の政争に加担して、他宗派の一揆を襲ったりしています。

朝廷までも、表立った反応は見せていないようですし、信長の焼き討ちは激情によるばかりでなく、周囲への影響をある程度みとおした上での作戦であったと考えられます。

質問した人からのコメント

2018/1/31 21:37:11

やはり喜んだんですよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aki********さん

2018/1/2508:42:43

少なくとも現在の奈良県特に飛鳥地方は比叡山系僧侶による寺院への焼き討ち被害が多かったので喜んだかと。
比叡山系の僧侶の焼き討ちで世界遺産に成ってたであろう寺院がどれだけ失われたか。

ansers11さん

2018/1/2504:46:04

現代人とは比べ物にならないほど信仰心の厚い時代です。明治ですら天皇は神と同じ権威の扱いでした。
そんな時代に権威の象徴を焼いたのですから、神をも恐れぬ狼藉者として民衆から恐れられたと思います。

ris********さん

2018/1/2423:17:49

私が織田宗家当主であるが 信長さんのDNA95%を引き継いでおる・伊勢神宮・出雲大社・靖国神社と↓の方が言われる通り燃やしてしまうんだ!と何時も言うとるであろう・・これが信長のDNAなのである!比叡山延暦寺など燃やすが正論であるは糞坊主も婦女子も犬も皆殺しでよい・・庶民など関係なし民百姓は観ておればええノダ (・∀・)ウン!! 皇居も潰してしまうんだ。弾正忠家当主・名古屋&勝幡(信長生誕地・しょばた)(`・ω・´) オダハハハw がは がちニャン㋜

真田節さん

2018/1/2423:01:48

喜ばない。
あれは現代に例えると伊勢神宮か出雲大社、靖国神社を言うこと聞かないから焼くようなもんで相当な乱暴な行為だよ。
しかも当時は寺社仏閣の権威が非常に高い時代だったから尚更だ。
そりゃ武田信玄も怒るよね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる