ここから本文です

天保通宝は、そんなに簡単に作ることができるのですか。 小判型の銅銭です。 ...

dyw********さん

2018/1/2613:26:21

天保通宝は、そんなに簡単に作ることができるのですか。

小判型の銅銭です。
富百と印しています。

寛永通宝100文相当と言う事だったと思いますが、寛永通宝8枚分ほどの重さしかなかったので、天保通宝は作るほど儲かったという事なのですけれども。
寛永通宝を集めてきて、ルツボで鋳つぶして、天保通宝の型に液体を注げば出来ると思いますが、
制作自体は難しくはないのですか?

寛永通宝,天保通宝,ルツボ,銅銭,寛永通宝100文相当,極印,江戸末期

閲覧数:
60
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fea********さん

2018/1/2615:38:22

そうですね。鋳造する型があれば難しくないですね。
確か江戸末期に、島津藩も、銅銭の偽物をつくって、財源にいていたはず。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2018/1/2615:03:43

小判型なだけで、寛永通宝と制作方法はさほど変わらないと思います。
側面に極印があるので、それを打刻する手間はあったでしょうね。
ちなみに、富百ではなく、當(当)百ですね。

「寛永通宝、天保通宝」に関する質問

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる