ここから本文です

東日本大地震再び?

adm********さん

2018/1/2703:21:44

東日本大地震再び?

宮城県在住の中3です。最近地震が多いです。23日?に青森で、27日にどこかで地震。東日本大地震のときは3〜4週間前が前触れだったので非常に不安です。どうなんでしょうか?

閲覧数:
108
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

メイさん

2018/1/2710:30:07

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の発生を
もって、三陸沖の地震の源である断層はほとんど
破壊し尽くされていますので、我々が生きている
間にあの規模の地震が起こることはありません。

ただし、他の方の回答にもあるように、あの地震で
破壊された断層が安定するまでにまだしばらくの
期間が必要なので、小・中規模な地震は毎年のように
起こり続けますが、震災と言われるような大きな被害が
出るような規模のものは恐らくは起きないでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2018/1/2708:28:31

【東日本大地震再び? 宮城県在住の中3です。最近地震が多いです。23日?に青森で、27日にどこかで地震。東日本大地震のときは3〜4週間前が前触れだったので非常に不安です。どうなんでしょうか? 】(admw123gjtw179さん)



・「東日本大地震」ではなく、東日本大震災(震災名称)を起こした「東北地方太平洋沖地震」でしたら、地震発生確率などの評価は、

『(算定基準日 平成29年(2017年)1月1日)領域または地震名: 三陸沖から房総沖にかけての地震(第二版)・東北地方太平洋沖型、 長期評価で予想した 地震規模 (マグニチュード):Mw8.4~9.0、
地震発生確率(注1): 10年以内:ほぼ0%、 30年以内: ほぼ0%、 50年以内:ほぼ0%、
地震後経過率 (注2):0.01、平均発生間隔(注1)・最新発生時期:600年程度・5.8年前

注1: これらの評価は、基準日を元に更新過程を適用。また、三陸沖北部から房総沖の海溝寄りの地震、三陸沖北部のひとまわり規模の小さい地 震、福島県沖の地震、千島海溝沿いのひとまわり規模の小さい地震および沈み込んだプレート内の地震、日本海東縁部の秋田県沖の地震、 佐渡島北方沖の地震、日向灘および南西諸島海溝周辺の地震、相模トラフ沿いのその他の南関東のM7程度の地震については、ポアソン過程 を適用。
注2: 最新発生時期から評価時点までの経過時間を、平均発生間隔で割った値。最新の地震発生時期から評価時点までの経過時間が、平均発生間 隔に達すると1.0となる。』

と約600年後です。


『【2011年7月24日(日)日本経済新聞(p15サイエンス)】
ナゾ謎かがく 巨大地震に「超長周期」? ”すべり残し”一気に開放か
東北地方の太平洋沖には約700年ごとに巨大地震を繰り返す「超サイクル」があるらしい。・・・
太平洋沖の日本海溝には”地震の巣”がいくつもあり、数十年から100年ごとにM7級地震を繰り返してきた。宮城県沖では平均すると37年ごとに起こり、三陸沖南部地震は平均105年間隔で発生する。
・・
太平洋プレートは宮城県沖地震の1サイクル(37年)の間に約3メートル移動する。(※8センチ/年 x37年=296センチ)しかし、1回の地震でプレート境界が滑るのは約2メートルにとどまっており、差し引き1メートル分がツケとして先送りされてきたらしい。
「三陸沖南部でも同様で、過去700年間に蓄積された滑り残しが、東日本大震災で一気に開放されたと考えられる」と(東京大学地震研究所)佐竹教授はみる。・・』



・「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震後の余効変動が見られます。」
「地理院ホーム > 基準点・測地観測データ > 日本列島の地殻変動 > 最新の地殻変動情報」<http://mekira.gsi.go.jp/project/f3/ja/index.html>

という状態ですから、まだまだ余震はつづくものと思われます。


『東日本大震災:定説覆したM9地震 高密度観測網すり抜け
毎日新聞 2011年8月29日 東京朝刊
・・・
大震災後、震源域周辺の地下断層が揺れを伴わずにゆっくりと動く「余効変動」という現象が続いている。特に東北から千葉県にかけての太平洋側で東方向への変動が大きく、国土地理院の観測では、発生翌日から7月半ばまでに最大1・8メートル程度ずれた。断層の面積とずれの量を累積すると、M8・4以上の地震に相当し、地下の力の加わり方が地震前の状況に戻っていないことを示している。
・・・』

余震状況(2017年の「「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の余震域内で発生した主な地震活動」)については、
「参考資料 平成 29 年(2017 年)の日本の地震活動」<http://www.jma.go.jp/jma/press/1801/12a/1712jishin2017.pdf>
内の、「東北地方の地震活動」を。

向島大志さん

2018/1/2708:09:46

2011.03.11東日本大震災の2日前の宮城沖はM7ありましたので
M5前後は東日本の余震とみられます。
しかし東日本で破壊されなかった断層帯である岩手沖~浦河沖で
M8クラスが起る可能性はあります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/1/2706:29:24

2011年の東北地方太平洋沖地震が起きる前は、1ヶ月間ほどマグニチュード5クラスが連発していました。

【 2011年1月からの週間地震状況 】
_日_付 __ M7+_ M6+_ M5+_ M4+_ M3+_ M2+_ M1+_ M0+
2011/01/02__ 0__ 0__ 0__ 2__10__73_ 263_ 330
2011/01/09__ 0__ 0__ 0__ 2__19__68_ 267_ 309
2011/01/16__ 0__ 0__ 0__ 2__15__83_ 288_ 290
2011/01/23__ 0__ 0__ 0__ 1__ 9__68_ 278_ 347
2011/01/30__ 0__ 0__ 0__ 2__12__91_ 272_ 344
2011/02/06__ 0__ 0__ 1__ 3__ 9__59_ 277_ 301
2011/02/13__ 0__ 0__ 2__ 7__11__90_ 293_ 270
2011/02/20__ 0__ 0__ 2__ 3__22__85_ 272_ 281
2011/02/27__ 0__ 0__ 1__ 2__17__74_ 311_ 255

そして3月9日に沖合い側でマグニチュード7クラスの地震が起きて余震が始まり、その過程で太平洋プレートが内陸側へと滑り落ちるように潜り込んだのです。

【 2011年3月9日にM7.3発生! 】
_日_付 __ M7+_ M6+_ M5+_ M4+_ M3+_ M2+_ M1+_ M0+
2011/03/06__ 0__ 0__ 0__ 0__ 1__11__42__60
2011/03/07__ 0__ 0__ 0__ 0__ 3__ 5__46__35
2011/03/08__ 0__ 0__ 0__ 0__ 0__ 6__33__50
2011/03/09__ 1__ 3__12__24__56_ 101__43__18
2011/03/10__ 0__ 4__ 4__20__46_ 133__65__11

2011/03/09 11:45:12.97 深さ 8km M 7.3 宮城県東方沖
2011/03/11 14:46:18.12 深さ23km M 9.0 宮城県東方沖
2011/03/11 15:08:53.46 深さ32km M 7.4 岩手県東方沖
2011/03/11 15:15:34.25 深さ42km M 7.6 茨城県東方沖
2011/03/11 15:25:44.33 深さ11km M 7.5 東北地方東方沖

一方こちらは現在の状況ですけど、マグニチュード4クラスの地震が多数起きてはいるもののM5クラスまで伸び切っていない状態です。

【 最近の週間地震状況 】
_日_付 __ M7+_ M6+_ M5+_ M4+_ M3+_ M2+_ M1+_ M0+
2017/10/29__ 0__ 0__ 0__ 3__11__75_ 405_ 481
2017/11/05__ 0__ 0__ 0__ 6__33_ 148_ 642_ 769
2017/11/12__ 0__ 1__ 0__ 4__40_ 162_ 603_ 763
2017/11/19__ 0__ 0__ 0__ 0__29_ 142_ 592_ 670
2017/11/26__ 0__ 0__ 0__ 5__41_ 146_ 596_ 688
2017/12/03__ 0__ 0__ 0__ 3__32_ 151_ 713_ 910
2017/12/10__ 0__ 0__ 1__ 7__32_ 146_ 669_ 910
2017/12/17__ 0__ 0__ 0__ 6__24_ 135_ 601_ 812
2017/12/24__ 0__ 0__ 0__ 2__20_ 148_ 588_ 707
2017/12/31__ 0__ 0__ 0__ 6__38_ 133_ 657_ 858
2018/01/07__ 0__ 0__ 1__ 3__25_ 137_ 630_ 685
2018/01/14__ 0__ 0__ 0__ 0__24_ 127_ 581_ 733
2018/01/21__ 0__ 1__ 0__ 3__32_ 109_ 400_ 407

M9.0の震源より遠洋側で相次いでいたM5クラスの地震コロニーが、その後の運命を左右したのです。
現在は地震回数で見ても解る通り、そこまでの状況には至っていないんですよ。

【 2011年1月から3月8日までと9日以降のM7以上地震(☆) 】

2011年の東北地方太平洋沖地震が起きる前は、1ヶ月間ほどマグニチュード5クラスが連発していました。

【...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる