ここから本文です

標準反応ギブズエネルギーを質問されたID非公開さんへ 補足文を一部訂正しま...

hut********さん

2018/1/2923:12:06

標準反応ギブズエネルギーを質問されたID非公開さんへ

補足文を一部訂正しました。尚、この訂正文は読んでいただくだけで結構ですので、この訂正文への回答は必要ありません。

補足しますが,化学熱力学では、標準化学ポテンシャルなどは通常,標準温度として、25 ℃が選ばれています。この標準温度25℃を,約束温度 (conventional temperature)、あるいは規準温度(reference temperature)といいます。

高校では「標準状態を0℃、1barとし、理想気体1モルは標準状態で22.4Lを占める。また、気体定数Rは、8.31J/K・molとなる」と習ったと思います。SATPでは、「標準状態を25℃、1bar」としていますが、単位にSIを採用している限り、気体定数の値は変わりません。

閲覧数:
124
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

realhumen81さん

2018/2/100:45:20

ID非公開さんは、読んで頂いていると思いますよ。

「気体定数 単位」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる