ここから本文です

プロポーズを受け入れましたがプロポーズのことを思い出す度に怒りと悲しみが込み...

アバター

ID非公開さん

2018/1/3002:36:13

プロポーズを受け入れましたがプロポーズのことを思い出す度に怒りと悲しみが込み上がってしまいます。長文になって申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いします。


プロポーズのことを

思い出す度に怒りと悲しみが込み上がって来るようになってしまった理由と言うのが、夫(当時は彼氏)がよりによって私の父の命日(しかも一回忌)にプロポーズをして来たからです。
父が急逝したことで私がどれだけショックを受けていたか夫は見ていたはずですし(葬儀にも出席してくれていました)、ずっと引きずっていたことも見ていたはずだと思っていました。

父の命日の朝、私が日課のウォーキングに行こうとしたら、普段は誘っても付いてこない夫(当時同棲中)が自分も行くとのことで一緒にウォーキングをしていました。そして、家の前に着くと急に夫が跪き「結婚しよう」と指輪を差し出したのです。しかし、私が微妙な反応をしたせいで夫が拗ねてしまいました。その後、私が「微妙な反応をしてごめんね、結婚したいって気持ちは嬉しいからね」と宥めましたが「お義父さんの命日が何だって言うんだ!」と逆ギレ。何とか落ち着かせると「お義父さんの命日って言う悲しい日をプロポーズをすることによって嬉しい日にしたかった」と話していました。

その後、プロポーズの件について自分が悪かったと謝ってくれて、結婚に至りましたが一年経った今でもプロポーズのことを思い出す度にモヤモヤした感情が渦巻いてしまいます。
夫のことを考えると他の人に話すことも出来ませんし、どのようにしてこの感情を消化すればいいのか悩んでしまいます。

説明が長いし文章も下手くそで申し訳ございませんが、アドバイスを頂けたらと思います。

補足補足すると、父の命日の半年ほど前に一回プロポーズを受けています。
しかしその時は私の母から、父が亡くなってまだ一年も経っておらずバタバタしているし、母自身も気持ちの整理がついていないので、結婚するのは一回忌が来るまで待って欲しいと言われ一回忌を過ぎて本当に結婚したいと思ったら結婚したらいい…と言うことでプロポーズの話は流れました。

閲覧数:
651,891
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sep********さん

2018/1/3002:42:30

ただ、価値観が違うだけで、何とかしてあげたいというご主人の優しさだと思います。
そこに悪意はないと思いますよ。
プロポーズがあっただけでも、羨ましいです。

  • sep********さん

    2018/1/3002:59:04

    自分の気持ちを分かってくれなかったから悲しいのだと思いますが、ご主人も同じだと思います。
    その場で大喧嘩すればスッキリしたかもしれませんが、しなかったのですから、今は前向きに捉えるしかないと思います。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/30 19:40:40

皆さまありがとうございました。
夫も悪気はなく必死だったんだと思います。
自分でもこの気持ちが処理できるように努力しようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ka2********さん

2018/1/3008:06:35

わたしはそこまで怒りの感情にならないですけど、質問者さまは繊細なんでしょうね。
きっと何年も時間が経ったら、あの時はこうだったな~って、思い出すと懐かしくなる時が来るんじゃないかな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kum********さん

2018/1/3006:20:29

私もモヤモヤしてました。

私にプロポーズせず

父にプロポーズしたんです。

呼びだされた父は呆れてました。

私の代わりに父がYesと言ってしまい

結婚してしまいました。

私は、まだしたくなかったので

大騒動になりましたが今では笑い話です。

質問者様も、あんな時があったと思える日が

来ると思いますよ。

tel********さん

2018/1/3006:15:56

そんなに旦那さん悪いかな?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jap********さん

2018/1/3005:59:47

私は結婚までに14年もかかってしまい、
遠く離れた親にやっと報告、挨拶に旦那さん(当時彼氏)と実家に行く日を、親が一番大事に思っている祖父の命日に合わせましたよ。
おじいさんを身近に感じられる日に
おじいさんも含めて報告したかった。

急逝したということでご家族が大変ショックであったことは想像できますが、
男にとって勇気を出してプロポーズしたことを心の中ででも貶され続けるのは、きっとあなたが想像するより傷つくことだと思います。
プロポーズに対する女心を鑑みても、少し自己中心的な悲しみに感じます。

お父さんとお母さん、きっととても仲が良かったでしょう。
そういう夫婦になりたくないですか?
あなたもお父さんが大好きだったんでしょう?
旦那さんがそういうあなたの気持ちをくんで、
「お父さん、見守ってください、これからは僕が娘さんを支えて行きますから」
とその日に言ったんだ。
と、思えませんか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2018/1/3003:17:42

他の方も仰ってますが、私の経験を少し。
正直プロポーズは最悪でした。
全然ロマンチックじゃなかったし、いろいろ事情があって怒りながらプロポーズするような最悪のプロポーズでした。
でも語り草にはなるし、申し訳ないことをしたなと私自身今も思いますが、それを結婚後妻からあの時のプロポーズが悪かったからどうのこうのと恨み節を聞くことは無いです。
本当にプロポーズとしては最悪でしたが、一年経ってそれを遺恨に思うというのはプロポーズ自体というより結婚後他の部分で不満を持ってらっしゃっててそれがプロポーズの仕方への不満という形で現れてるのではないかと勝手に邪推します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる