ここから本文です

個人年金保険を解約し、ドル建保険に入るか否か… 年金保険控除も受けれること...

アバター

ID非公開さん

2018/1/3101:19:07

個人年金保険を解約し、ドル建保険に入るか否か…


年金保険控除も受けれることから、去年から第一生命のしあわせ物語に入っており、もうすぐ1年となります。
これは死んだ場合であっても払

った金額より貰えません。

このことからメットライフの外交員に、第一生命を解約してドル建の生命保険を勧められました。


これだと10年払い済みにし、何年も据え置けば利率はどんどん増えること、万が一死亡した場合でも保障があることからの理由です。

年金保険は毎月1万のため12万支払っており、解約すると3万ちょっと戻ってきます。
既に9万円の損失になります。

これをドル建で確実に回収出来るのか…

為替のリスクがあっても、メットライフの外交員の言う通り、第一生命を解約した方が賢明なのでしょうか?

外交員に話を聞く限りでは、あんまり良くない保険という感じでしたが(死んでも払ったお金が戻ってこないから)ネットで調べるとしあわせ物語もそこまで評判が悪い保険ではなさそうなので迷っています。

第一生命は個人年金保険、メットライフは生命保険ということなので、比べること自体が違うんじゃないのかなと思うのですが、話を聞く限りでは、貯蓄する意味でも生命保険の方がメリットが大きいと勧められています。

ただ単にメットライフの口車にのせられてるだけなんでしょうかね?

よろしくお願い致します。

補足皆さま

大変詳しく、親身になってアドバイスしていただきありがとうございます。

なかなか自分で調べても分からず言われるがままに加入していること反省しております。

夫婦共働きで、30代後半です。
1歳の子供が1人おります。

個人年金はイデコがおススメなのですね。調べてみます。

ドル建ては、すでに1口契約しており、これは貯蓄兼生命保険として契約しました。

が、まとまったお金があったため、
全期前納にしたのですが、円安の時(120円)にしてしまい失敗しました。

そのため生命保険としてとっておこうと思います。

ドル建ては子供の学資保険としてと勧められましたが、上記の失敗もありやめようかと思います。

知らないって本当に怖いですね。
というか知らないなら定期預金って感じですね。

無知で恥ずかしいです。

閲覧数:
1,688
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/1/3109:18:54

個人年金保険に加入されたということは、老後の資産形成と年金保険料控除が目的だと思います。この目的であれば、イデコの方が有利だとは思いますが、それはさておきとして、これを解約してドル建て終身保険を検討されているとのことですね。

ドル建て終身保険に加入した方が増える可能性は高いと私は思います。個人年金保険を解約した違約金(9万円)や、個人年金保険を続けていた場合受け取れる年末調整還付金などを加味されて、計算されてみたら分かると思います。ドル建て保険は為替リスクはありますが、長期で運用することを前提にすればリスクを減らすことは可能だと思います。

と話をしておいて、ドル建て終身保険が本当にご質問者様にとって、一番よい選択肢なのだろうか?と、私は思います。
今回の質問はあくまで円建て個人年金保険とドル建て終身保険を老後の資産形成目的として比較した場合です。

保険という枠組みであれば、例えばマニュライフ生命の外貨建て個人年金保険の方が増える可能性が高いと私は思います。こちらは終身保険のように死亡保障に回るお金がほとんどないので、効率的に運用が可能です。また年金保険料控除を受けることも可能です。ソニー生命の変額年金保険(投資信託付の保険)という選択肢もあります。

ここまでの考えに行き着けば、老後資産形成であれば、イデコ(個人型確定拠出年金)もあわせて比較されたほうがよいと思います。この場合、イデコは大手銀行や大手保険会社で入るよりはネット証券会社等口座維持手数料が少なくてすむところを選んだほうがよいです。

メットライフ生命の外交員の自社商品をすすめたい気持ちはそれが営業の仕事なので、分かりますが、ご質問者様にとってはベストな選択ではない可能性があります。おそらくそうなんじゃないかと私は思っています。
視野を広くされて慎重に検討なさってください。その結果、とりあえずは、このまま個人年金保険を続けるという選択肢もありだと思います。

  • 2018/2/107:30:00

    私は保険販売をしておらず、しがらみもないので、私なりの消費者目線で割と言いたい放題言わせていただいております。理想は生命保険に入らない(頼らない)こと。雑誌や本で多少なりとも、知識をつければ、この考えに至ると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/2/1 23:18:16

皆さんにベストアンサーを差し上げたいのですが、イデコのことを教えていただけた方にベストアンサーを差し上げます。

そして保険うんぬんというより、ライフプランニングが大事だと改めて思いました。

闇雲に貯蓄していてもダメですね。

さっそくライフプランニングをして見たいと思います。

ありがとうございました。

「個人年金」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dam********さん

2018/2/106:19:02

ここの回答者の特徴は、自分の販売している商品を推す傾向が有ります。先週だったかな?週刊ダイヤモンドを読んで下さい。

non********さん

2018/1/3114:09:35

為替損があるなら、為替益もあり、ある意味、小リスクな博打です。

「しあわせ物語」をHPで確認しました、返還率を見たら、唖然としました。

私なら絶対にこのような保険の契約はしません。
解約して、外貨建ても要検討ですが、両者の設計書を比較しないとダメでしょう。

と、非常に失礼な書き込みですが、悪意は有りません。
二つの意味から書き込みました。

ひとつは、昨日、たまたま、銀行から連絡があり、金利3%以上の外貨建てが新規に商品発売されるとの情報が有ったからと、

二つ目は、質問者さんの、失敗談ですが、本当に失敗だったのか??と思うからです。

> ドル建ては、すでに1口契約しており、これは貯蓄兼生命保険
> 全期前納、円安の時(120円)、失敗しました。

失敗かどうかの判断は、契約時の利率がどの位だったかで変わります。
今は外貨建ての金利が落ち込んで2%弱ですが、それでも、毎年1%の円高になっても、金利が上回り、為替差損ない筈です。
120円で契約時の外貨建ての金利は、4%位だったのではありませんか?
今は、レートが110円前後ですが、円高であっても、利息がその落ち込みを大きくカバー出来ていませんか??
少なくとも円建ての如何なる個人年金よりはお得だったのでは?
毎年保険会社から、契約内容の確認について郵送物がきていると思います。
それには、今、キャンセルしたら幾らの金額になりますと記載ある筈で、損得判断できるかと。
尚、120円で契約の保険が、低解約返戻金タイプなら、15年以上後でないと意味ないでしょうが、万一死亡時には180~200%以上の戻り率になる筈で為替損等関係なく遺族の為になるはずです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

all********さん

2018/1/3110:24:01

ちゃんと出るタイミングさえ間違わなければ、個人年金保険料控除の節税効果と解約による損失以上のプラスをメットライフのドル建て終身保険で得られるとは思います

ただ、あなたが欲しいのが死亡時の保障でなく、資産を増やして、老後の生活費に充てたい、ということなら、終身保険でなくて良いと思います

死亡した場合でも保障がある、と勧められたようですが、その死亡保障額が必要以上なら、それはあなたにとって必要のないものです
必要のないものは買う必要がなく、むしろドル建ての個人年金保険の方が、同じ期間、同じ保険料で、将来あなたが手にする資産が増えます

ほぼswfky565さんと同意見ですが、イデコにすると、老後まで使えないお金になる点は注意が必要です
老後を迎える前に資金が必要な時に用意できず借入をする可能性があるなら、イデコは不向きということです
病気で働けなくなった、解雇や勤め先の倒産で収入が途絶えたような時にはいくら支払っていたとしても使えないわけです
預貯金や、いざという時に使える金融商品がないなら、イデコのみにするのはリスクがあると思います
ただイデコだと、掛け金を変更できるメリットもあります

月数万円を支払う、というならともかく、月1万円の予算ということなら、推察するにイデコでない方が良いかと思います

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nag********さん

2018/1/3107:43:38

回答になってませが。

保険商品の比較をしても意味のない話になる気がしました。
目的がないからいずれ解約になりそう?な意味です。

解約すると結果的に無駄、損になりますよね。

あなたにとって、もっと大事なポイントがあるんじゃないかな?って。

これ以外の保険・保障は?
年齢や家族構成?
ライフプランは??

実はライフプランは大事だとおもってまして、ライフプランから必要な保険なり貯蓄方法なり考えていくと無駄や損をしないパターンが多いかと思います。

年金保険控除も大切かもしれませんが、もっと気にすべき事があるんじゃないか?って事です。

将来のためにお金を貯めようと思う事はとても大事なことです。

が、やり方を間違うと大切なお金を失います。

一般所得の人の場合、一生涯で貯蓄を切り崩さなきゃいけない場面で多いのは…

・仕事を辞めた老後の生活
及び介護費用
もう一つは、
・子供が大学通ってる時期

あなたの年齢や家族構成が不明ですから正確には言えませんが、

上記の二項目がまだならそれ目標にしてみたり。

逆に上記以外は、貯蓄のチャンスとなりますよね?

どう効果的に貯めていくか?

残念ながら、
お金を使うのも
貯めるのも、儲け話も
学校では教えてくれません。

親や大人を見てなんとなく
って方が多いのではないでしょうか?

でも、ひと昔と今と将来は
景気や金利や社会情勢が違いすぎます。

金利10%あった時代とはちがうんです。
高度経済成長の時代でもない。

今の時代に適しつつ、あなたに合ったものでないと無駄になります。


第一生命さんと
メットライフさんに
ライフプランコンサルをしてもらって下さい。

で、なぜ自分に年金なり外貨保険が必要なの?
と問いかけて下さい。

その答えにあなたが納得できて実践する方を選べば良いかと思います。

目的によって商品の良し悪しが決まります。
その大事な目的はあなたが決めるのです。

単純な商品比較はほぼ意味ないです。

少しかお役に立てたら幸いです。

aop********さん

2018/1/3105:15:21

為替リスクもありますが、加入時の手数料であるとか、変動型か固定化によっても違います。

必ずしも増えててもとに戻ることはない、元本割れもありうるのだという認識と覚悟があれば外貨建も悪くはないでしょう。

でも一番大切なことは『自分で理解できるものを持つ』ことではないでしょうか?

円建ては外貨よりも増え率は確かに低いのですが、目でみてわかり、理解して持ちやすいのが特徴です。特に個人年金ですから、第一生命が破綻しない限り、契約設計書ならびに証券の内容は、満期後には手元に届きます。

あやふやなまま理解できないものに加入し、後に後悔することになったら目も当てられません。

わかりやすいもので堅実に確保するか、外貨立てについて詳しく勉強してから乗り換えるかはあなた次第です。

但し、第一生命の個人年金を解約となれば、解約返戻金は元本が割れます。年金はそういう商品です(低解約返戻)。

私個人の考えですが、このまま継続することをお勧めします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる