ここから本文です

助けてください…急ぎです(T ^ T)

crs********さん

2018/2/111:38:39

助けてください…急ぎです(T ^ T)

1.
民事再生手続では、作成された再生計画案について、裁判所がその内容の妥当性を判断そたうえで、再生計画を正式に許可することとされており、再生権の意見は裁判所が参考資料として考慮することになる



給与所得のような「給与またはこれに類する定期的な収入を得る見込みがあるものであって、かつ、その額の変動の幅が小さいと見込まれるもの」が民事再生手続を利用する場合には、通常の民事再生手続に比べて簡略化された再生手続をとることができる




1.2の文章は正しいですか?間違っていますか?

簡単でいいので

どっちが合ってて

どっちが違う

の一言をよろしくお願いします

閲覧数:
24
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pop********さん

2018/2/112:13:05

1.×

再建計画案の妥当性を判断するのは、債権者集会です。(民再法174-1)

2.○

民再法221条以下。

質問した人からのコメント

2018/2/1 12:24:00

ありがとうございます!!!!!

助かりました!

ほんとにありがとうございます(T ^ T)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる