ここから本文です

小説のぼうの城で石田三成が忍城側の総大将成田長親を鉄砲で撃とうとしたところ、...

han********さん

2018/2/115:59:04

小説のぼうの城で石田三成が忍城側の総大将成田長親を鉄砲で撃とうとしたところ、大谷義継が今、成田長親を倒せば敵兵は不死兵となって襲いかかってくると警告したところ、石田三成は総大将を倒

せば戦は終わりではないのかと言いました。すると大谷義継はど素人は黙ってろと怒鳴りつけましたが、総大将を倒しても戦が終わらないならどうすれば戦が終わるのでしょうか?

閲覧数:
165
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2018/2/116:21:36

もちろん、最も現実的なのは、生きている総大将と条件を折り合わせて講和、開城させる。そのためには、敵側に、人望があって全体をまとめられる総大将が絶対に必要。逆にそういう人物を狙って殺害すれば、城方は怒りのあまり最後まで戦うことを選ぶ。つまり戦は終わらない。そうなったら、攻め手に多くの犠牲を出しながら、力攻めで城方を壊滅するしか、戦を終わらせる方法は無くなる。
大谷吉継は、この城を開城させれば良いのだと主張し、石田三成は講和ではなく「戦って勝った」という形を作ることにこだわった、というのがこの小説の主張。
成田長親は、攻め手のその目的意識のギャップを利用して、篭城戦を戦い抜いた、というわけですよ。

質問した人からのコメント

2018/2/4 19:59:43

よく分かりました、ありがとう御座います

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ouh********さん

編集あり2018/2/210:08:20

城主は北条方についていてここは、不在です。

勝ち負けのわからない段階で、自滅行為でしょう。農民上がりの石田にはそこの判断ができません。

むしろ配下の離反のほうが怖いのです。

大谷は軍の分裂を恐れたので、当然の処置ですよ。

sto********さん

2018/2/119:04:41

全員が新たな支配に従うことです。のぼうの城では成田長親が殺されると、その領民たちは長親の敵の石田三成を討つと徹底抗戦をします。これでは壊滅させるしか方法はありません。そんなことすれば時間もかかり、味方にも手負いのものが多く出て、たとえ城を落とせても畑を耕すものがいなくなります。
大谷吉継はそれがわかった上で、長親を殺したら徹底抗戦されてしまい、大変になると説いていたわけです

bjj********さん

2018/2/117:11:35

降伏する人間がいないと戦いが泥沼化するのは
現代でも同じです。
やくざ同士の喧嘩で相手の親分を狙うことが少
ないのはそういう理由からです。
米韓の金正恩を狙った斬首作戦は、ある意味危
険な賭けです。

pqr********さん

編集あり2018/2/116:18:00

枯れ葉作戦

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる