ここから本文です

一般労働者派遣や業務委託について質問です。

mmm********さん

2018/2/511:26:47

一般労働者派遣や業務委託について質問です。

最近依頼のあった案件が、
一般派遣契約なのか請負・業務委託契約なのかで悩み、
多少は検索して調べてみたのですが、イマイチ理解できずに質問させていただきます。

下記、例は派遣or請負・業務委託どちらに当てはまるのか、
お力添えいただきたくお願い致します。


案件:撮影スタジオへカメラマンの労働力を派遣

業務内容:
派遣元A社のカメラマン(1名)を派遣先B社の撮影スタジオに派遣し、
B社のお客様C社の従業員の立会いのもと撮影を行いデータをC社へ納品します。

指示命令系統:
C社 業務依頼 → B社 労働力の提供依頼・作業指示 → A社 デスク 作業指示 → A社 現場カメラマン

上記の命令系統ですと業務委託なのかな?と思うのですが、
撮影現場ではカメラマンが一番のクライアントであるC社の従業員の意見を聞いたり・撮影結果の確認をとる必要があります。

この場合はC社からの指示命令となり、派遣も請負・業務委託も成立しないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

閲覧数:
225
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鈴木圭史さんの画像

専門家

鈴木圭史さん

編集あり2018/2/1018:36:32

社会保険労務士の鈴木です。

撮影業務以外はそのカメラマンはどんな用務についているのですか?
ここが詳しくわかれば回答を導くことができるでしょう。

ケースバイケースだと思われますが、イメージの打合せもあるけど数時間ほどの撮影を休憩をはさんで何コマかやる。
それをカメラマンは自身で編集したり、データで納品したりする。
このサイクルで様々なクライアントの要望に応える。

そういうことならカメラマンの業務は独立性の高い業務でもありますし、請負や業務委託や委任の契約でいいでしょう。

ただ、事務所に戻って派遣先の指揮命令により、その他の仕事をしたりするなら、派遣契約が望ましいこともあるでしょうし、A社の社員(雇用契約を締結)としてA社が請負った撮影の業務をこなすという形式もあると思います。

A社専属カメラマンでフルタイムの仕事があるなら雇用契約が自然なような気もしますね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

鈴木圭史さんの画像

鈴木圭史

社会保険労務士

労務リスクの改善のプロ

関西弁で丁寧に対応する社会保険労務士です。 労働相談/過労等の疾病・過労死の労災申請・障害年金申請代理 派遣元責任者講習講師/労働局・労働基準監督署等の監査立会業務 派遣業・職業紹介業の許可申請業務 当事務所では社会保険労務士資格取得希望者を募集...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sak********さん

2018/2/514:42:35

派遣も請負・業務委託も成立しません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる