ここから本文です

以前とても丁寧な公認会計士についての回答を頂き公認会計士について詳しそうであ...

アバター

ID非公開さん

2018/2/817:53:08

以前とても丁寧な公認会計士についての回答を頂き公認会計士について詳しそうであったため回答リクエストさせて頂きました。。
今現在公認会計士を目指そうと思っている大学一年の者です。

認会計士の試験は通学と通信どちらがおすすめですか?
公認会計士試験は危険で、何年やっても受からないと聞きます。そうならないためにはどうしたら良いですか。コツなどを教えて下さい。
もしあなたが公認会計士でしたら、公認会計士になってよかったことは何ですか?反対に後悔してることはありますか?
公認会計士はおすすめできますか?
なぜ公認会計士になろうと思ったのですか?
勉強を始めた頃は大学の時でしょうか。

この質問は、eru********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
115
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/2/1021:10:21

私ですかね?以前そのような質問にお答えしたことがあり、、違かったらごめんなさい。

通学か通信か
→以前お答えしました。もしあの時の質問者様でなければ過去質問探してみてください。結論からいうと人によると思いますがどちらでもいいと思います。

コツなどを教えてください
→とにかく、瑣末な論点は切ることです。何年もやってるベテラン受験生はやたら細かい論点に詳しく、そういう人がいると焦りも感じますが、そういう方に限って基礎的なことの理解が疎かなことが多いです。一度過去問をテキスト見ながら解いてみてください。ほとんど解けるはずで、合格点には余裕で届くはずです。つまり、テキストレベルの理解が合格への近道です。

会計士になってよかったこと
→いろんな会社を見れることです。大変ですが勉強になります。

後悔していること
→監査はつまらないですね。でも一生監査で生きていくつもりはないので、今は勉強の時期だと思って我慢してます。後悔という後悔はないです。

公認会計士はオススメできますよ。やはり社会的ステータスも高いですし。
勉強は大学2年から始めました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nao********さん

2018/2/1000:28:22

私もリクエストされたものではないですが、会計監査をしたことのない変わった会計士の意見として書きます。

>公認会計士の試験は通学と通信どちらがおすすめですか?
⇒あなたの性格によります。
周りに勉強している仲間がほしいとか、先生に話を聞きながら勉強したい。とかであれば通学がおすすめ。
先生に質問なんかしない、仲間なんかいなくても自分ひとりで勉強できる。というなら通信でもよいかと。

>公認会計士試験は危険で、何年やっても受からないと聞きます。そうならないためにはどうしたら良いですか。
⇒コツがあればみんな実施している=コツなんてない。ですが。
会計士になるのはなかなか難しい道なので、わき目もふらずにゴールだけを意識すること。自分はゴールにたどり着けると信じること。
ですかね。
多くの方は、大学行っている時間なんてないのに大学に行ってしまったり、簿記1級を受けたりと脇道にそれがちです。

>公認会計士になってよかったことは何ですか?反対に後悔してることはありますか?
⇒私は監査業務をやっていないので、正直あまりなってよかったということはないです。上に立つ者ではあるので、あらゆる人へのはったりくらいには使えますが。
後悔していることもあまりないですが、大学でもう少し遊びたかったなぁ。という希望のようなものはあります。

>公認会計士はおすすめできますか?
⇒監査をやりたいならお金もいっぱいもらえるしおすすめです。

>なぜ公認会計士になろうと思ったのですか?
⇒将来、自分で会社を経営する立場になりたかった(CEOかCFO)ことと、
会社経営のためには、会計士で勉強すること(監査以外)が役に立つと思ったから。です。
経営者になってみた今では、会計士試験で学んだことは役に立ってますが、
別にそこまで深く勉強しなくてもよかったかな。とは思います。

i_l********さん

2018/2/911:59:32

リクエストされた者ではありませんが参考までに回答します。

>通学と通信どちらがおすすめか?

これは何とも言えないですね。ライブ講義を受けて緊張感を味わいたいという人もいれば、自分のペースで回りに惑わされず進めたいという人もいます。一つ言えるのは、どちらが合格しやすいってのはないってことです。進め方は千差万別ですので、自分に合うほうを選べば良いと思います。

ちなみに私は自分のペースで進めたいタイプだったので通信でした。通信といってもライブ講義を収録したものをPCで見るというスタイルなので、通学とまったく変わらない講義を受けることができました。それに好きなときに講義を受けられるし、倍速機能を使えば通常の講義時間より短縮できて効率的だと感じていました。

>何年やっても受からないってことにならないためには?

この試験はすべてを犠牲にして勉強に励むという忍耐力、精神力と膨大な時間が必要です。でもただやみくもにやれば良いものではありません。重要なのは「合格までの戦略」を立てることです。予備校講師が毎年の試験を分析していて、どこが重要な論点なのかを把握しています。そこをしっかりおさえて、いつまでに何をどこまでやるのかなど計画的にやることが大切です。

例えば重要度別にA、B、Cとランク分けされていたら、思い切ってCランクの論点は捨てることです。その代わりに徹底的にAランク、Bランクの論点を潰しましょう。短答式試験では全部の範囲がまんべんなく出る感じですが、論文式試験ではこの戦略がとても有効です。

他にも、理論科目より計算科目を先にマスターすること(そのためには計算科目は必ず毎日行う)や、得意科目を作らなくてもいいから苦手科目がないようにすることなどが挙げられます。

>公認会計士になって良かったことや後悔していること

公認会計士になってよかったことというよりは、あの地獄のような人間らしい生活がまったくできていなかった受験生時代を終わることができた喜びや安堵感、それを乗り越えたという自信を得られたことです。もちろん後悔はないですが、三大国家資格のなかでも知名度が抜群に低いこと、税理士のほうが有名であることなど知名度の低さはちょっとなー・・と思います。

>なぜ公認会計士になろうと思ったか

入学した大学でたまたま簿記の授業があり、何となく簿記の勉強を始めてみたら面白いって感じたのがきっかけです。簿記2級まで取得して、せっかくだからもっと上の資格を目指そうと考え、この分野の最高峰の資格だと聞いて公認会計士を目指し始めました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる