ここから本文です

原発はCO2対策に有効ですか?

kan********さん

2018/2/820:12:00

原発はCO2対策に有効ですか?

閲覧数:
34
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kka********さん

2018/2/914:46:29

原発比率80%近いフランスのCO2排出量1人当たり4.37トン
ドイツ8.93
日本 8.99
オーストラリア15.83トン
カナダ15.32トン
アメリカ15.53トン

原発比率がフランスに次いで高い国
スロバキア57% 5.43トン
ウクライナ54% 4.20トン
ハンガリー52% 4.32トン

発電部門だけでは
フランス0.49
ドイツ3.954
日本4.41
オーストラリア7.92
カナダ2.87
アメリカ6.17
スロバキア1.24
ウクライナ2.04
ハンガリー1.20

一目瞭然です

日本が原発全稼働したら一人あたりは7.3トン台となり、60%比率になれば5トン台前半。85%の火力を全部原発に置き換えたらフランス並みの4トン台になります。

電気自動車に変えるために原発をさらに増加したら一人当たり1トン台で、世界がそれを目指したら現在330億トンのCO2排出量が100億トン台前半の排出量になって、地球温暖化の加速にブレーキがかかります。それから温暖化が止まり、やがて平均気温が下がる様に植林などの効果で時間はかかりますが現在よりも下がる事が考えられるのです

質問した人からのコメント

2018/2/9 19:24:39

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jyu********さん

2018/2/919:04:26

全く、無効です。

aki********さん

2018/2/917:35:50

有効です。
推進する理由にはなりませんけれどね。

yam********さん

2018/2/915:24:41

再生可能エネルギーによる発電が普及していなかった1997年『地球温暖化防止京都会議』のころにはCO2対策として『原発』は有効な対策とされていました。
しかし、2011年の福島原発事故を受けて、一気に再生可能エネルギーによる発電に弾みがつきました。
その結果、再生可能エネルギーによる発電コストが下がり、『原発』より安くなりました。『安全』、『クリーン』、『安価』と言うことで今やCO2対策は『原発』ではなく、『再エネ』に移りました。
原発は『危険』、『核のゴミが処分できない』、『発電コストが高い』だけでなく、『出力調整が出来ない』という欠点を持っています。そのため、再生可能エネルギーの普及を妨げることになるのです。

ant********さん

2018/2/912:48:08

普通に考えたら焼け石に水でしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2018/2/823:39:05

無効であり、有害だ。原発それ自身の運転時CO2排出量なんぞは何の理由にもならぬ。それと異なる種類の危険があまりに大きいのだ。

そのために莫大な資本を占有することが、CO2問題解決の主要な手段の普及を妨げる。すなわち有害である。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる