ここから本文です

ファントホッフの法則/平衡定数Kから反応エンタルピーΔHを求める方法を教えてくだ...

kin********さん

2018/2/1006:18:13

ファントホッフの法則/平衡定数Kから反応エンタルピーΔHを求める方法を教えてください

「アンモニアの生成において
N2+3H2⇔2NH3以下の表が得られた(数値はここでは一部のみ抜粋)

T(K)=300、Kc=2.6×10^8
T(K)=1000、Kc=2.3×10^(-3)

ファントホッフプロットを用い、この反応における反応エンタルピーを求めよ」
という問題で、T(K)とKcの値をそれぞれ1/Tとln(Kc)にして傾きから平衡定数を求めました。

ここからどうやって反応エンタルピーを求めたらいいのか分かりません。
ΔG0=-RTln(K)とG=H-TSから求められるかと思ったのですがエントロピーの求め方がよく分かりません。

答えを見たら、求めた平衡定数=-ΔH0/Rから解くように書いてありました。
なぜグラフの傾きは-ΔH0/Rなんでしょうか?
正直頭が悪すぎて全く理解できません。

未だにエンタルピーとエントロピーが何かも分かってないし、ファントホッフプロットの意義も全く分かりません。分かりやすくどなたか説明していただけませんか?
お手数ですがよろしくお願いします。

補足すみません

意味不明なことを書いています
「傾きから平衡定数を求めました。」と「求めた平衡定数=-ΔH0/R」の部分です。
正しくは「傾きから平衡定を求めました。」と「求めた傾き=-ΔH0/R」です。

傾きが平衡定数だと意味の分からない勘違いをしていました。
この傾きって一体なんですか…?

閲覧数:
539
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cjx********さん

2018/2/1008:51:05

> ΔG0=-RTln(K)とG=H-TS
ここまでわかってるならもう一歩。

-R T ln(K) = ΔG0 = ΔH0 - T ΔS0

ln(K) = -(ΔH0/R) (1/T) + (ΔS0/R)

これは
横軸:1/T
縦軸:ln(K)
傾き:-(ΔH0/R)
切片:(ΔS0/R)
の直線の式。
ただし、この温度範囲でΔH0とΔS0が一定とみなせるとき。

質問した人からのコメント

2018/2/10 09:28:49

今講義ノート見てたら
ln(K) = -(ΔH0/R) (1/T) + (ΔS0/R)
の式が
y=mx+b
みたいな感じで~という説明を見つけました!

相変わらず式の内容はチンプンカンプンですが……
回答ありがとうございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる