ここから本文です

教えてください。今年の5月に交通事故にあいました。止まっていたところに後方から...

mfu********さん

2008/8/2215:54:02

教えてください。今年の5月に交通事故にあいました。止まっていたところに後方から追突され、頚椎捻挫・腰部打撲という診断でした。レントゲンをとってもらいましたが、首の骨がのびていて鞭打ちですといわれました 事故後2週間は自宅療養(事故後1ヶ月はほとんど実家で子供をみてもらいました)、その後疾病の為の休暇を1日2時間とってほぼ毎日リハビリに通っていました。8月に入り会社の上司よりもうそろそろということを言われ、MRI検査もしましたが異常はないということなので、今月で治療を打ち切ろうかと考えているところです。ですが、背中に痛みが残っており、目眩と背中の痛みに悩まされている毎日です。しかし、医者にそのことを訴えても「みなさんそう言われます」と言われて、「痛い」と言うとすごく嫌な顔をされるので、週に1回の診察が苦痛です。ですからこれ以上診察を続けることは難しいのかなと思っています。保険会社には慰謝料4,200円と主婦の休業として5,700円が出ますが、通院したからといって必ずそれが出るとは限りませんと言われました。そろそろ示談に入ろうかとも思っていますが、私一人(母子家庭なので主人もいません)ですので心細く、周りに聞いてもいいようにされているといわれて不安になっています。示談するのはどれくらいの金額が妥当なのか教えていただければと思います。今のところ通院は72日、総治療日数は112日です。それから私の記憶違いかもしれませんが、慰謝料は4,200×通院日数×2か、総治療日数×4,200の少ないほう、主婦の休業補償も年齢によってちがい私は35歳ですが、約9,500円くらいだというのを読んだ記憶があります。長々と書いてしまいましたが、よろしくお願い致します。

補足相手の方は自営の会社の名前が入った車にのっておられました。個人だけではなく、会社の責任もあるのでしょうか?因みに謝罪には一度もこられませんでした。その態度も腹ただしいのですが、示談の際にはそういう感情はぬきにして交渉したほうがよいのでしょうか?

閲覧数:
662
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tpe********さん

2008/8/2219:05:11

治療を打ち切る前にセカンドオピニオンをお勧めします。
目眩や背痛はバレリュー症候群の可能性が有るからで、もし異常が無ければ打ち切るという事で考えられたら如何ですか。
そもそも「みなさんそう言われます」と言う主治医に信頼はおけません。
その意味でもセカンドオピニオンを考えてみてください。

治療費がどの位掛かっているかわかりませんが、自賠責の基準では慰謝料が4200円×112日で47万0400円、休業損害が5700円×72日で41万0400円、
後は通院交通費、診断書料や文書料等が請求できます。
これらの合計が120万円以内なら自賠責の基準で支払されます。

因みに任意保険の基準で慰謝料が約45万2000円です。
家事従事者の9500円は粉セン等に持ち込んだ場合に認められるであろう日額です。
実際には賃金センサスの女子全年齢から導きます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる