ここから本文です

人間にはすべての人を愛するのはできても、一緒に居ることは決して良いことではな...

cya********さん

2018/2/1123:39:46

人間にはすべての人を愛するのはできても、一緒に居ることは決して良いことではないと思います。
自分が好きなタイプの人でない人と付き合うことは決して良いことではないです。でも愛することはできます。

自分が好きなタイプでない人とは友達になって親友のように時々一緒に居ることは決して良いことではないです。でも愛することはできます。
結婚となると、全く好きでない人と結婚することは決して良いことではないです。
でも愛することはできます。
人間には愛することはできても、一緒に居ることは良いことではないのだと思います。
愛することができても好きになる事は良いことではないのだと思います。
そうではないでしょうか?
だから神は愛しなさいと言ったのだと思います。

補足失言は本音だと思っている。自分を怒らせた言葉に謝罪を求めながらも、図星だから余計に腹が立つことってある。失言は、言ってはならない場で発せられた本音。だから、言われた方も自分を省みるきっかけになる。(小池一夫)

閲覧数:
85
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aho********さん

2018/2/1206:54:50

運命の人が一人とは限らんが、その運命の人でも一緒に居ると鼻に付くこともあります。愛していてもです。

だけどやっぱり一人は淋しいので、一緒に居るわけです。

あとは努力と工夫で乗り越えるわけですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

the********さん

2018/2/1210:07:12

確かに、
愛すること=いつも一緒にいること
ではないと思いますね。

人間視点でしか理解できませんが、「愛すること」は、「関心を持つこと」でもあると思うんです。

よく、「私は自分を愛せません」という人がいますが、そんな人でも、集合写真を見るとき、一番に自分がどう写っているか見ると思います。つまり、「自分に関心がある」のだと思います。

「自分が嫌い」と言いながらも、頭のなかは自分のことでいっぱいなんです。

神の言われる、「人を愛すること」は、自分のことにかまっていられない状態のことです。
小さい子どものお世話をするお母さんが、自分のことを構わず、子どものことにばかり一生懸命になっている姿は、そういう状態だと思います。

母親は、離れていても子どものことを死ぬまで気にかけ、心配しています。

神様の愛を人間が理解するのは難しいですが、母親の愛は、それを理解する助けになるかと思います。

ran********さん

2018/2/1202:27:46

運命の人は、必ず1人だから
どうでもいいよそんなのw
当たり前じゃん!
好きでもないのに好きになれるかw

愛すってのは、自分に愛が染まってる
つまり幸せな世界にいると
他人に幸せを配れるわけだ
これが魂のレベルが強いか弱いかで
その幸せ度が決まっちゃうんだよな
あとカルマもなんだけどね

好きと愛すは違うからね
愛すは、誰にでもできる
ま、好きであればの話だけど、その人のことが

好きは、理由があっての好きだからね
必ず

好きも愛も幸せも、無理やり作るものではないね
渡す愛と受け止める愛

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる