ここから本文です

遺言書に関しての質問です 親が無くなり相続の話しになりました 遺言書には 姪...

pla********さん

2018/2/1215:29:14

遺言書に関しての質問です
親が無くなり相続の話しになりました
遺言書には
姪(父から見て)に預けているお金は姪に全て渡す
姪に配分を決めて貰う
と箇条書きです
日付、署名、判子は押しています
しかし姪曰く書いた状況

は病床で父と姪が2人の時に姪が言ったことを書いて貰ったと言っています
亡くなった後、すぐに持ってきたのですが封印はおろか封筒にも入っておらずノートを破った紙1枚です
筆跡鑑定も検認も拒否してきて渡してくれません
なのに上記の遺言書の通り姪が振り分ける、半分以上は姪とその弟で分けると言っています
金額はふせますが2/3が姪家族と名前知らない親戚、1/3が葬式等の費用と実子、付き合いのある人の配分と言っています
遺言書の真贋は別にこの遺言書に効力はあるのでしょうか?
検認はしない、納骨が終われば上記のように分けると言っています
弁護士さんに相談する前にある程度分かっておきたいので質問させていただきました

閲覧数:
212
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cb1********さん

2018/2/1218:04:41

遺言書はきちんと方式に則ったものでないと効力はありません。

実際に専門家が実物を見てみないと判断できないでしょうから、早めに弁護士さんに相談すべきですね。

結局、裁判で有効性を争うことになるでしょう。

後から、預かり金でなく、生前贈与だと主張してくるかもしれないので、会話は録音しておきましょう。


配偶者と子には遺留分というものがあります。
遺言書が有効なものでも、遺留分として、相続財産の半分は取り返すことができます。

  • 質問者

    pla********さん

    2018/2/1218:38:15

    遺言書には預けているとかいてあるので大丈夫そうです
    遺留分に関しても聞いてみます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pot********さん

2018/2/1305:32:57

質問文だけで判断するならば、「結果は訴訟をしてみなければわからない」ですね。

他の回答は「遺言書」の問題としている。

それがオーソドックスではあるが、他の考え方も可能。

私が相手方弁護士なら間違いなくそうするだろう。

つまり、相手方がどのような主張をしてくるか次第。

ただ、今回のケースでは、相手の出方を待つわけにはいかないから、こちらから攻める必要がある。

無難な攻め方は「遺留分減殺請求」だろう。

ただこの主張だと、相手方の言い分・分け方とそんなに違いが無いのかも。

弁護士に相談しても意見が分かれるだろう。

じっくり話を聞いてくれる弁護士を見つけられるか、どうか。

「相談料は高くていいので、じっくり話を聞いてもらえますか?」と電話するのがいいかも。

chi********さん

2018/2/1216:30:55

遺言書を渡してくれないのなら、そんなものは無いものとして、相続人だけで遺産分割協議書を作って、その内容で相続を終わらせてしまえばいいと思いますよ。

そうなると、姪は相続人ではないわけですから部外者です。

遺言書としては有効である可能性はありますが、検認手続きを経なければ遺言書に基づいた相続はできません。

とりあえず無視すればいいと思います。本物なら裁判所に提出する手続きを自ら進めるような動きをしているはずですよね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ngy********さん

2018/2/1216:24:19

① 自筆証書遺言と思われますが、これは被相続人の最後の住所地の家庭裁判所て、「検認手続き」をする必要があります。
検認をしなかったり、検認せずに遺言の内容を執行しようとすると過料に処せられることがあります。

✳️検認手続きがすむと「検認調書」が作られます。これがないと、自筆証書遺言だけでは、金融機関等も相続手続きはしてくれないでしょう。

遺言の検認
http://123s.zei.ac/yuigon/kennninn.html

② 自筆証書遺言は、民法の様式に厳格に従わないと無効になりかねません。
家庭裁判所で、検認がすんでも、それは遺言の有効無効を争うものではなく、改竄のおそれを無くすため「遺言の内容」を確認するものになります。
✳️検認後に、遺言書の有効無効を争うことができます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

har********さん

2018/2/1216:09:31

> 遺言書の真贋は別にこの遺言書に効力はあるのでしょうか?
検認はしない

⇒ 検認するかどうかは姪御さんが決めることではなく、「遺言書(公正証書による遺言を除く。)の保管者又はこれを発見した相続人は,遺言者の死亡を知った後,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その ”検認” を請求しなければならない」と法律で決まっています。

------------------------------
●遺言書の検認
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_17/

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる