ここから本文です

新盆法要と一周忌の日取りについて 先日の質問にはお知恵を貸していただけ心よ...

shi********さん

2018/2/1510:58:47

新盆法要と一周忌の日取りについて

先日の質問にはお知恵を貸していただけ心より御礼申し上げます。
いろいろなお知恵、情報いただき感謝します。ありがとうございます。

まだまだ回答を受付中でありますので、回答いただけたらと思います。


新盆法要と一周忌の日取りについても、またお知恵を貸していただけたらと思います。前回の質問を参考にお願いいたします



昨年7月31日に息子が16歳で急遽、他界しました。
憔悴しきっていたのもあり49日までに用意するはずの新墓の用意、仮位牌の用意、新しく仏壇も用意などができず、知り合いのお寺もなくどうして良いのかわからずにいました。が、90日を過ぎたころネットで安値で呼べるお坊さんをみつけ、そちらが手配した浄土宗の僧侶さんに百か日の法要をしてだきました。白木の仮位牌に戒名と御霊入れ?をしていただきお経をあげていただいたところです。自宅リビングで御骨と仮位牌に毎日手を合わせています


今、息子が他界して半年が過ぎました。
前回の質問の回答を参考にさせていただいて、まだまだいろいろと考え中ですが、7一周忌法要と新盆の法要はあとでは惜しまなくても良いよう僧侶様を手配していただいて、私と子供2人とかんたんに行おうかと思います。折角、白木の仮位牌に戒名をつけていただいたのもあるので一周忌までに小さな卓上の仏壇と本位牌を購入し、開眼と御霊入れもお願いしようかと思います。宗教のマーク?などは入っていません。


お墓は身内、親類など頼れる人もいなく、いろいろ事情もありまして
(意地とか金銭事情ではありません) 新しく墓地から購入となります。
お墓や納骨堂も年末年始に見学に訪れ検討しましたが、今はとりあえず購入をやめました。あまり世間的に良くないことかとは承知ですが、良いお墓や納骨堂が見つかるまで納骨前の骨壺のまま自宅でにしばらく居ていただこうかと思います。


どこかのお寺さまの檀家になるとは考えておらず、浄土宗で貫くというつもりでもありません。たまたま浄土宗の僧侶様が手配されました。今後はどうなるかわかりませんがいまのところネットで僧侶様を手配していただくかたちでいくかと思います

そろそろの一周忌法要と新盆法要の日取りを決めて予約しなげばいけませんが百か日法要に来ていただいたネットで手配していただく業者さんに連絡したところ、同じ僧侶様が一周忌と初盆を担当していただけるとのことで、7月の盆に前倒し?したらどうでしょうということでした。法要を2回に分けるより半額くらいの値段でできるのと一度に法要ができるということです。


気になるのは、、、

① 私の住んでいる東海地方は8月13日くらいから16日くらいが盆らしいです。7月の盆に前倒ししても良いものでしょうか?

② 7月の盆に前倒し?で新盆と一周忌法要を同時に行うと7月15日前後?で命日の7月31日より半月(16日ほど)も早くなりますが同時に行っても良いのでしょうか?

④ 祥月命日に一周忌法要をし、この辺りの8月13日からのお盆に新盆法要を別でしたほうが良いのでしょうか?

➂ 仏壇に仏像は阿弥陀如来様で良いでしょうか?座っている仏さまと立っている仏さまとありますがどちらが良いですか?

③ 横に長いサイドボードを購入し、卓上のちいさな仏壇を置く場合、納骨前の御骨は仏壇の左側で良いでしょうか?もし、その場合、仏壇の仏さまにお水や線香、りん、お花などを置くと思いますが、御骨の前にも置いたほうが良いですか?



またまた、長くなりましたが、お知恵を貸していただけたらと思います。
よろしくお願いします

閲覧数:
220
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gin********さん

2018/2/1512:53:03

①お盆の月を変更することはまずあり得ないことですが、お寺や親族や関係者がすべて同意すればよろしいでしょう。


② これもお寺や家族などの全員の同意で決めるものだと思います。


➂ 阿弥陀如来をまつるのは、浄土宗、天台宗、浄土真宗、時宗、融通念仏宗です。


③ 仏壇の左側で良いですが、宗派や地域の風習も検討しましょう。
また置き方や方法なども宗派や地域により違いもあります。


④ 祥月命日に一周忌法要をし、この辺りの8月13日からのお盆に新盆法要を別でしてもよいですが、これもお寺や家族や親戚などの意見を統一してから決めるものです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「一周忌法要」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yel********さん

2018/2/1614:25:29

両親の喪主、施主をやった経験からです。

① 一般には『ひと月遅れての8月にお盆』をやるお宅が多いですが、本来は7月がお盆です。
ですから今回は一周忌を兼ねて7月でお盆を行なっても構いません。
来年の三回忌からひと月遅れてのお盆をなさると宜しいと思います。

②一周忌は普通亡くなった日を含めて前に行います。
ですから7月13日~15日がお盆ですので、その都合の良い日を選ぶと良いでしょう。
7月にお盆を行えば月遅れての8月のお盆はやりません。
せめてお花とお線香を上げての内々でご供養をされると宜しいと思います。

③宗派によってご本尊が違います。
浄土真宗や浄土宗は『阿弥陀如来』
天台宗や臨済宗や曹洞宗や日蓮宗は『釈迦牟尼如来』
真言宗は『大日如来』となっております。
これもお寺さんにお聞きになられてからご本尊を購入されると宜しいでしょう。

またご本尊にも入魂式があり、お寺さんにお願いをして行います。
この場合お寺さんに持ってお願いする事もありますし、法事の時に一緒にお願いする事も出来ますので、お寺さんにご相談されると良いでしょう。

本来は49日の時に白木の位牌から塗りの本位牌に魂を移します。
今でも白木の位牌ならば、法事の前に本位牌を作られて、その時に白木の位牌から本位牌へ魂を移されると宜しいでしょう。

檀家とは別にお骨ですが、お世話になられるお寺さんにご相談するのも良いででしょう。
お寺さんには『預骨』をして下さる所もあります。
私の例では、1年間1万円で預骨して下さいました。
ちなみに預骨の表手書きは『預骨料』です。

棚にお骨を置くならば、落ちない様に奥に置かれると良いでしょう。
その前に仏具を置かれると宜しいでしょう。

awa********さん

2018/2/1513:44:36

①今年は7月前倒しで可。
②命日前にするものです。同時で可。
④②の如し。
③小さな仏壇に仏像は入りますか?仏像は必要ないと思います。
③仏壇の中に位牌を立て、仏壇の両側にお花を。位牌の前、仏壇の外に線香を。線香の両側にローソクを。線香と右側ローソクの中間位のところの少し手前に鈴と鈴叩きを置く。それでまあいいんじゃないですか。遺骨は仏壇の真横の右側でも左側でもいいんじゃないでしょうか。遺骨前に線香やローソクなどは必要ないので・・。
後は戒名を書いて頂いた僧侶に来て頂き拝んでもらったらいいだけです。読経後に(供養料)と書いた黒ののし袋をお渡ししてお帰り頂く。と、言う運びとなります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ajy********さん

2018/2/1513:07:58

まさに同じ日に身内を亡くしております。
一周忌であるその日が休日だったこともあって、檀家となっているお寺とご相談をし、同日に一周忌と初盆の法要を行いました。いわゆるお盆は8月13~15日で行っている地域です。ご参考まで。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる