ここから本文です

甘口、辛口の酒がありますが、この糖度は麹の量によって味が変わるのでしょうか?...

equ********さん

2008/8/2317:32:17

甘口、辛口の酒がありますが、この糖度は麹の量によって味が変わるのでしょうか?別に自宅で密造しようなどと思っていませんので心配ご無用。

閲覧数:
295
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

2008/8/2317:48:37

酒中の糖分が多いと甘く感じ、少ないと辛く感じます。ただ、感覚的にはアルコールの濃度や温度、そして酸度が複雑に影響しあっていますので、同じ糖分量のお酒でも感じ方が違う場合があります。また、お酒の場合はここから向こうは甘口、こちらは辛口という区別が明瞭ではなく、何と比べて甘いか辛いかという、あくまで比較の上での話となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

no_********さん

2008/8/2400:24:23

麹の量より、発酵の長さと、その際の温度で決まります。
いっぱんに、長く発酵させればさせるほど、また、温度が高いほど、
酵母が糖をより多く分解するので、辛口になります。

bkf********さん

2008/8/2317:59:30

現代のお酒は企画で作ります、化学的に解明されているのでどのような酒も簡単に作れるのです。
麹でお米を糖化します、糖分をアルコール発酵することでお酒になるのです。
糖分を少し残す事で甘口のお酒、完全発酵させてしまえば辛口のお酒が出来ます、吟醸香などを付けたいときは発酵途中の吟醸香を残して後で加えるのです。
安い酒では糖分は後から追加、水で薄めてアルコールを加えれば即席の辛口のお酒の出来上がり、風味の無い部分はグルタミン酸などの追加でも補えるのです。
お酒は殆どが水が成分ですよね、土地土地の水の味などと簡単に言いますが現代の酒蔵では水そのものもコントロールして使っています。
お酒など本当の味など殆どの人は良くわからないのです、もっとも匂いなどは重要な要素となりますが一番好まれるのは圧倒的に毎日晩酌している銘柄と言われる所以です。
尚、濁酒などは自宅でも簡単に出来ます(勧めているわけでは有りません、勿論違法です)、温度管理されていない場所で作ると完全発酵が難しく、糖分が大量に残るのです、そのため濁酒は飲み口が良く、お腹に入ったお酒が体温で更に発酵が進むため僅かの酒でも酔っ払う事になります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる